2014年08月07日

夕暮れのカノン












薄明かりの朝、



午前四時ごろから輪唱をはじめるヒグラシが



この夕暮れに鳴いている。






空は深く色を閉じながら



美しいグラデーションを刻み



遠く富士のシルエットを残し



帳を下ろしてゆく。






ありふれた毎日だけれど



けっして無駄な毎日ではない。



海から丘に渡って吹き上がる風が



汗に気持ちよい。






この夏、清水ヶ丘公園のヒグラシは多い。



木々のあちらこちらで追唱する声は



先祖たちの囁きにも似て



儚く忍び寄る闇に消えてゆく。






八月に入り、もう一週を過ぎて今日は立秋。



夏の全国高等学校野球選手権大会も今日開幕して、



そろそろ、心身も秋の涼しく清い風を求めている。





障子の桟に鳴くカネタタキの小さな声が聞こえだすのも間近。



虫たちの声に季節の移ろいを感じて



呑む酒の美味きこと、肴の美味しきことよ・・・。


































































同じカテゴリー(横濱)の記事画像
Sunshine filtering through foliage
秋風
ナ・ガ・サ・キ・ア・ゲ・ハ
「夏が行くよ。」
よ・う・こ・そ。
蝉しぐれ
同じカテゴリー(横濱)の記事
 Sunshine filtering through foliage (2014-09-15 00:01)
 秋風 (2014-09-08 20:36)
 ナ・ガ・サ・キ・ア・ゲ・ハ (2014-08-28 19:32)
 「夏が行くよ。」 (2014-08-26 20:30)
 よ・う・こ・そ。 (2014-08-06 20:59)
 蝉しぐれ (2014-08-04 20:34)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。