2014年04月20日

春の野毛「侘助」
















櫻に包まれた花疲れの先日のこと、


野毛の小径をふらりと入り


「侘助」の暖簾を潜りました。




ここ数度は満席だった侘助も


この夜はタイミング良くお客は誰もいなかった。


きっと伊勢佐木方向を流れる大岡川の櫻並木を眺めに


酔客の足は向いていたのかな・・・。




「花疲れ」とは春の季語。


花の美しさに酔いしれた後の疲れを表すだけでなく


艶なるものを秘めた言葉でもあるようです。




さて、この日の女将のお勧めは


「日置桜 先祖帰り強力 純米酒 Ver.内田米」


鳥取の山根酒造場のお酒です。


このお酒をまず冷で、


うん、これは久しぶりに美味しい酒です。


程好く冷えた酒はけっして安易にフルーティなどではなく


瑞々しく、それでいてしっかりとした奥行きのある味わい。


最近呑んだ日本酒の中ではベストです。


女将がお燗も美味しいと薦めるので


チロリにぬる燗でも同じお酒を・・・。


うんうん、これも冷と違った味わいが楽しめます。



「侘助」の名物ともいえる「七種のお通し」をつまみながら


和牛コンビーフ(こだわり家 金子精肉店)や


柚子胡椒でいただくフワフワの卵焼きに酒も進み


野毛の春の夜の時間が過ぎてゆくのです。





■野毛「侘助」

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14022308/

http://fujihige11.hama1.jp/e1009954.html



■蔵元・日置桜 蔵だより

http://hioki.exblog.jp/19276933/



■和牛コンビーフ(こだわり家 金子精肉店)

http://homepage1.nifty.com/kodawariya/framepage8.htm








「日置桜 先祖帰り 強力 内田米」の冷、これはうまいっ!!



































お猪口をこのお酒のために選びます。











「櫻花 猪口に映した 今宵かな」 詠み人 ひげ











こだわり家 金子精肉店の「和牛コンビーフ」は口の中で融けます。










柚子胡椒がとても合う「侘助の卵焼き」。その場で作ってくれます。












さて次は、5月5日の「はげまるさんのB.B.Q&ライブ」。
JR石川町駅近くのZAIM cafeにだけはやっと時間がとれたので
旧バラ荘の相馬さんに申し込みました。相馬さんも参加です。

http://blog.goo.ne.jp/hagemarupika/e/01971b946935ce52f3469e5883f70af2




BBQ会場の「ZAIM CAFE ANNEX」です。

http://fujihige11.hama1.jp/e107529.html







 
 
 


  
タグ :野毛侘助


Posted by ひげ at 08:22Comments(0)野毛

2014年04月17日

香菜(シャンツァイ)の味わい。













今夜のメインは前述のハヤシライス・・てはなく、


パクチーに諸々の野菜と春雨を主として


胡麻油とレモン汁と、茅乃舎の和風だしに岩塩、


そして七味唐辛子を隠し味にした「私風の一品」です。むふふっ


そして落花生・カシューナッツ・ピスタチオをランダムに刻んで


絡めた「食感と香り」がまた存在感があり良い感じです




いや、実は先日の野毛未来研究所主催の、


お花見の集い(各自飲物・ツマミ持参の宴会)で


旧バラ荘の相馬さんが作ってきてくれた


「蛸とパクチー」の美味しさに触発されて、


以前、高校時代にしていたリーゼント・・・、・・・、、、ではなく、


以前、住んでいた赤坂七丁目の近所にありました眠眠での


当時のお通しの「パクチーと落花生和え」を思い出してしまい、


あの頃の味と食感を思い出しながら作ってみたのです。


勿論、当日持参させて頂きました


「ズワイガニ(2缶)とアボカドのマヨ和え」も好評でしたね。





私は基本的に無理や無茶を嫌い


自分の口に合うものしか食べないのですが、


パクチーはどうやらアンチエイジングにも効果が認められている


すんごい一品のようでまさに一石二鳥です。


今度、機会がありましたら、こちらもお持ち致しますから


ご一緒に若返りましょう・・・。ニヤリ

























野毛未来研究所主催、お花見会の集合写真。






  


Posted by ひげ at 21:50Comments(0)料理

2014年04月15日

磨き八分の近況報告。






すっかりと春めいてきました。

ここ数週間はGW前の忙しい時期で

なかなかブログ更新の時間もとれませんでしたが、

ここをお読み頂いております皆さんは如何お過ごしだったのでしょうか。




このhama1の私のブログも七年目を迎えて

だいぶ文章にしたいこと、

お伝えしたいことも

ブログの残り容量と同様に少なくなってまいりました。

一方で、まだまだ新しく新鮮な出会いや発見の日々でもあります。




季節はこれから新緑の芽吹きの季節。

既に木々の枝先からは新しい葉が薄緑色をしながら広がりだしております。

世の中も然り、私がこうして忙しく立ち止まっている間に

いろいろなことが新たに生まれ発生しております。

例えば、私が良く利用させて頂いております軽井沢のエスティバンクラブ。

そこでは二階の二室をぶち抜いてスイートルームが新設されたそうです。

現在はオープン価格で7月半ばまで泊まれるようです。


また、先日は野毛の旧バラ荘の関係では、お花見会が開催されたり、

同様に野毛未来研究所という

野毛で起業している若い世代の人たちが中心となった花見会が開催されたりと、

いろいろなイベントに顔を出すことができました。



忙しかったり疲れたりしていると

兎角、フットワークが悪くなる傾向ではありますが、

「美味しいモノを少しずつ」吸収しながら

芽吹きの季節を乗り切って行きたいと思います。







尚、先日雨天のため旧バラ荘内で開かれましたお花見会の動画は、

肖像権の関係もあり店主の相馬さんに渡してありますので、

お店でたずねれば見せてくれるかもしれません。

あの日の謎に満ちた呑み会をご覧になってください。笑






 
 
 
 
  




























































 
 
 
 
 
 



  

Posted by ひげ at 21:27Comments(0)横濱

2014年04月02日

「枝垂れ桜」














葉の茂る前の「枝垂れの桜花」は、とても美しい。



夏の夜空に上がる「花火」にもその名が付けられています。



その美しく風情ある花が散り



葉が繁茂してくると



ちょっと見た目には枝が折れてしまったような



わずかな違和感を覚えてしまいます。



だから枝垂れ桜の花は



散るのを躊躇うように咲くのかな。



その美しい瞬間に永遠を求めて・・・。



でも、観る者にとっては



その一連の流れのすべてを愛でることが



この桜を味わうことでもあるのです。



何故なら、それは



人の一生と同じなのですから・・・。













  

Posted by ひげ at 20:45Comments(0)市井