2013年05月25日

野毛「旧バラ荘」にて、バンドネオンの音(ね)が流れる頃。










横濱 野毛の夜の小径。




酔客が一日の疲れを癒しながらそぞろ歩く頃、




昭和24年に建てられたショットバー




心を癒してくれるバンドネオンとギターの「音」が流れ出しました。


    
   
   

 
  
 
 
 
 
 

Barの曇り硝子に徐行するクルマの赤いテールランプの光が流れ




道行く人たちのシルエットが浮んではそっと揺れる、




この異国情緒溢れる「野毛の小径」を




「今日という時間」が港の風に背中を押されながら通り過ぎてゆくかのように・・・。




そんな「野毛の風情」に思わず良いなぁ・・と呟いてしまう自分がいます。




それは野毛を徘徊する人たちにとっても、




自身にとっても、とても心にも優しい穏やかな時間なのですネ。




 
  
 





































バンドネオン大久保かおりさん、ギター小沢あきさんのライヴです。
その素晴らしいライヴをユーチューブにアップしました。

http://www.youtube.com/watch?v=jqslI7rG9PU














http://youtu.be/3C5PRAeuhcM















http://youtu.be/nKB6ngnP2VQ




 
 
 





おそらくは、ライブ当日に足を運んだ人たちは、


年齢や性別、職業や生活環境・・・、


そして住まいする場所も経験や生い立ちも


それぞれが違う人たちかもしれませんが、


この場所において「あるひとつの共感」というものに繋がった・・、


そんな「瞬間」を共有することに


愉しみを見出すことに「充実と遊び心」と


満足感を「味わうことが出来る」ふれあいの時間だったのかもしれません(長いょ)。 
 
         
    
   
             





そんな「愉しみの姿勢」に、


このBARのマスターは「触媒的」な役割をはたしてくれているのかもしれませんね。


そしてそんな「野毛的な化学反応」に、


私たちは刺激を得ることができるのですね。









現在の「旧バラ荘」のある「都橋」の周辺地図。
旧バラ荘は北北西に約60メートル。

http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?lat=35.447633153504&lon=139.63067841254&ei=UTF-8&z=16&uid=29e0f2ff777af883147eb283a4d9343d6ff1eab8&p=%E6%97%A7%E3%83%90%E3%83%A9%E8%8D%98&fa=ids



こちらの古地図では「旧バラ荘」の位置は北北西におよそ70米。
(昭和24年4月修正 横浜市建設局(当時)作成 横浜開港資料館所蔵 )

昭和24年といえば丁度「旧バラ荘」が建ったころと推測されます。


http://www.city.yokohama.jp/me/machi/kikaku/cityplan/gis/map/030-2.html

 


 
 
 




















































 










 


  















「旧バラ荘」は野毛の柳通りにあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  


Posted by ひげ at 14:42Comments(0)横濱

2013年05月25日

今日と明日は「ラリーニッポン2013」






今日と明日は「ラリーニッポン2013」。


特に明日は横浜から三浦半島を一周して


クラシックカーが走ります♪♪


短時間しか時間を取れないけれど、


撮影に行く予定です。





http://rallynippon.org/jp/activity/2013_y.html


http://rallynippon.net/2013-y/























 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  


Posted by ひげ at 07:46Comments(0)横濱

2013年05月19日

風薫る「ヨ・コ・ハ・マ」。










風薫る五月のヨコハマ。






朝のシャワーの後、



カブリオレの屋根をスルリと開けて、



ホテル・ニューグランド前の銀杏並木をゆっくりと流します。







新緑の葉々の間から降りてくる木漏れ日に



気温23度の「みなと風」が頬に気持ちよい。



ほら、擦れ違うオープンカー達も気持ち良さそうに流している。









今日の天気は当初、雨でしたが



朝のヨコハマは快晴。



爽やかで爽快で、



心地よい陽射しが降りてきています。







 

 
 
 
 
 
 
 
 



 
 




























この場所は「横浜 人形の家」の前です。

http://www.yokohama-doll-museum.com/





























右側の山下公園では「ベルギービール」のイベント中でした。

http://belgianbeerweekend.jp/2013/yokohama/yokohamadetails














こちらは「象の鼻」から「赤レンガ倉庫」への途中。むこうにランドマークなどが見えます。





























所謂、横浜「ジャック」と呼ばれる横浜市開港記念会館は1917年(大正6年)6月の竣工です。

http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/














この場所はベイブリッジが望める秘密の場所です。
私が二十代の頃、よく深夜に単車でひとりここで煙草を吸っていた場所・・・。













ほら、ベイブリッジが観えます。
夜は景色が美しくてアベックがもう・・・、・・・。むふっ

場所は「港の見える丘公園」交差点から本牧に抜ける「ワシン坂」の手前です。




















 
 
 
 
 
 
  
 
 
  


Posted by ひげ at 14:17Comments(0)横濱

2013年05月19日

「船舶調度」のマンション部屋について









山下公園に係留されている美しい船体の「氷川丸」。







シアトル・バンクーバー航路に




日本郵船が1930年に竣工させた




美しい貨客船です。








本船の「一等客室」や




1932年にチャップリンなどが利用した「一等特別室」。




チャップリンは一等特別室を気に入り




テンプラなどの食事も部屋で食べたようです。




それぞれ昭和初期の船舶のデザインと




美しく機能的な調度品を備えて




長い航海での塩害や湿気対策も考えられていたのでしょうね。








さて先日、横濱の「氷川丸」で撮影しながら思ったのですが




この広がる気持ちよい眺望、




港を見下ろすことのできるマンションの部屋が




氷川丸の客室のようなデザインと




調度品が備えられた部屋であったなら、




少ないスペースでも一人住まいのマンションとしては




とても魅力的であるだろうなぁ・・と、




そんなことを頭に浮かべながらシャッターを押していました。







たとえば家具などは備え付けの賃貸で、




照明器具も真鍮製の船舶用のものを使用して、




窓からはヨコハマの海に浮かぶ船たちが見える。




時折り霧笛が響き、桟橋にはカモメたちが並んでいる・・・。




きっと平日の仕事中も部屋に帰るのが楽しみで




休日も嗜好の時間を過ごせるでしょうね。




部屋が愉しいと毎日が楽しい。




多くの人は部屋に引きこもっちゃうかも。笑







そんないままでに無いような海に向いたマンション。




人の多い古い街並みを持つ観光地であり、




歩いて行ける圏内に




数多くのスポットがあるヨコハマでは




そういうスタイルのマンションがあっても




きっと不思議ではないと思います。




  
     
    
    
   

 
 
 
 
 
 
 
 
 




 
ホテル・ニューグランドのようなイメージ。 
 
 












「木」の温かみも心に優しい。 
 
 








 



以下三枚は前出の画像ですが、氷川丸の美しい「一等客室」です。 
 









 



同じく一等客室。たとえばワンルームのマンションゃ2Kくらいの空間が良いかも。 










 


 
こちらはチャップリンなどが利用した「一等特別室」。 










 


 
なにか夢のある空間ですね。内装はフランスのマーク・シモン商会だそうです。















純白の灯台に青い空・・・。 
 












「曲線」も大切ですね。

 












港の空気感。潮風が薫ります。














ここにしかない景色。横濱にしかない匂い。













あらら・・、また私の妄想が暴走しはじめてしまいましたね。汗






 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  


Posted by ひげ at 07:27Comments(0)横濱

2013年05月18日

ヒ・カ・ワ・マ・ル(氷川丸)











改めて、知っていると思っていることに




もう一度目を向ける・・・。




いつもの事や、




身近なもの・・・に。




実はね、よく知らなかったり・・・し・・・て・・・。








知っているつもりは、



内緒にして、



もう一度、



見つめ自身で咀嚼すること・・・。







意外と多岐にわたるのかもしれません・・・・。











































































































































































































































































































































 
 
 
 
 









つづく・・・



 




 
 
 
 
 
     
  
タグ :横濱氷川丸


Posted by ひげ at 16:32Comments(0)横濱

2013年05月18日

今日もナポリタン「橫浜ナポリタン物語」。










先週に引き続き今日も昼食は「宿るや商店」で「橫浜ナポリタン」。




ナポリタン好きとしてはついつい食べに行ってしまいます。笑




ナポリタンの起源は、横浜山下のホテルニューグランドの




第2代総料理長の入江茂忠が最初に考案したとされる記録があるそうです。




http://www.alpha-net.ne.jp/users2/n412493/kit/napoli.html




さてさて、おなかも一杯になったので、




そろそろ午睡でも・・・。





 
 
 

 
  


 
学生時代からの大好物。タバスコ一振りも最高です。 
 









 



さりげないサラダもGood。 
 













今日、今、開店しています。
 
 








 



 
http://www.hamakei.com/headline/7899/

 
  
 
 
 
 
 
 
 


 
 
  


Posted by ひげ at 13:32Comments(0)横濱

2013年05月12日

清水ヶ丘公園のウグイス。






連休も終えた五月の早朝。




朝五時に寝室である和室に野鳥たちの声が流れてきます。




その囀りを聞きながらの目覚めはとても心に優しく




穏やかな休日の始まりなのです。











http://www.youtube.com/watch?v=AErrkNBkemw&feature=youtu.be



 
 
 
 
 
  


Posted by ひげ at 10:25Comments(0)横濱

2013年05月11日

「からっぽの木」への道順。








横濱は坂の多い町です。



そして井土ヶ谷周辺にはまだまだ緑が多く



丘の上からは遠く海も望める環境で



今の季節は格別な眺望と



爽やかな五月の風を味わえます。




さて、清水ヶ丘公園の展望の丘にある「からっぽの木」。



今回は以前に当ブログでご案内しました、



京急の井土ヶ谷駅と南太田駅からの「からっぽの木」までの案内を



再度、ご紹介させていただきます。



五月の週末、是非訪ねてみてくださいませ。






■「からっぽの木」への道順(井土ヶ谷駅編)

http://fujihige11.hama1.jp/e45424.html





■「からっぽの木」への道順(南太田駅編)

http://fujihige11.hama1.jp/e49017.html












 
 
 
 



 







 
   
 
 
 



  
 
 
上記の画像三枚は昨日深夜まで野毛で呑んでから

帰宅時に撮影した景色です。

その夜、野毛では「柳通り流し芸」での

「風の盆」が素晴らしかった。

動画が横になってしまいましたが、

こちらからご覧になれます。


http://www.youtube.com/watch?v=28HgGCTs3to&feature=youtu.be 
  
 










 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
  


Posted by ひげ at 22:16Comments(0)からっぽの木

2013年05月11日

「宿るや商店」でナポリタン。








春の雨に濡れた若葉は美しい。



その瑞々しさには目を奪われるほど



若々しい力に満ちています。







そんな新緑の雨に濡れた階段を下りて



今日の昼食は「宿るや商店」でナポリタンです。


https://twitter.com/yadoruya


土曜は日本ナポリタン学会のオフィシャル「ナポリタン」♪♪


http://naporitan.org/





実は私、ナポリタンが大好物なんですよ。



学生時代にご飯のオカズにナポリタンでしたから。笑



朝食を食べてすぐでしたが、



がっつりと頂いてしまいました♪♪













 




























日本ナポリタン学会のオフィシャル「ナポリタン」♪♪♪
もうね、これはたまりませんよ。♪♪♪


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130512-00000000-minkei-l14




























ヒメジョオン(姫女菀)。
















 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
 

 
  


Posted by ひげ at 21:29Comments(0)横濱

2013年05月08日

横浜 井土ヶ谷「宿るや商店」。



 
 
 
       

      


     


    
 
 

ペリー来航以来、歴史に縁取られたヨコハマは



その時代の匂いを大切にする人たちが住む町です。



それは永い時間(とき)の気配と



開港当時から海外の文化を咀嚼し続けてきた



そんな経験を何世代にも亘って繋いでいる



独特の気質を持っているのかもしれません。



勿論、昔からの浜っ子だけではなく



そんな気質に共感を覚え集う人たちをも含めてのことです。








さてさて、今年のGWのヨコハマは素晴らしい天候に恵まれて、



風は薫り、注ぐ陽射しの五月を満喫できた連休でしたね。



私は遠出を控えて、



地元ヨコハマでの「ゆるい時間」を満喫しながら、



体調の回復・維持と、心の洗濯に努めておりました。



そう、まだ今年に入って「湘南の海」にも行ってないのですよ。











そんな先日、「cafe KuKuRu」で食事&ビァの時に教えてもらったお店。



井土ヶ谷界隈では珍しい参加・提案型のお店が五月五日にオープンしました。



それは日替わりコミュニティスペース「宿(やど)るや商店」。



開店の翌日に訪ねてまいりました。



http://yadoruya.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=19989789&i=201305%2F03%2F67%2Fc0296167%5F0535738%2Ejpg


http://4fa.jp/pg71.html







この地域や近隣のニーズに対して



いろいろな形でのアプローチを



日替わりコミュニティスペースという形でテーマを広げて



地元や、もう少し広いエリアの要望を探る



提案型コミュニケーションショップという形態の「宿るや商店」。



とても有意義な提案であると同時に、



なぜ、いままで無かったのだろうと思います。



これからの展開に注目ですねっ。







「宿るや商店」情報。


http://yadoruya.exblog.jp/i2



http://yadoruya.exblog.jp/19990948


http://yadoruya.exblog.jp/iv/list/index.asp


http://yadoruya.exblog.jp/tags/%E5%AE%BF%E3%82%8B%E3%82%84/


http://www.hamakei.com/headline/7826/


http://yadoruya.exblog.jp/19989641/


http://yadoruya.exblog.jp/














 
もう初夏ともいえる風にご機嫌なのはアルコールのせいではありません。笑 
 


 
 









「平戸桜木通り」沿いの昭和な建物を改装した「宿るや商店」。
 













このまま進むと「井土ヶ谷交差点」です。














日替わりのカフェは、
たとえば水曜日の昼は沖縄料理、夜はワインバー。
夜は23時までを計画しています。














店内には、ハンモックコーナー(有料)もあります。














当日(5/6)は無農薬野菜たっぷりの地場野菜カフェ「ツナグ」の営業初日でした。
野菜スティック(¥350)。地元野菜も彩りを添えています。














産直野菜のピクルス(¥400)。














BIOワイン(¥500)。もちろん二杯目っす♪♪♪














サービスに頂きました美味しいクッキーです♪♪♪















美濃屋あられ製造本舗の「横濱ナポリタン」は素朴で香ばしい♪♪♪














井土ヶ谷は昔から「風が抜ける」ので窓を開けるのです。














ぁ、ぁ、ら・・ら・・・ら・・・っ。














五月の芽吹きは成長のとき。雨が降れば葉が茂ります。 
 
 








 


 
「宿るや商店」のある信号を西に上がると、そこはいつもの景色。 
  









 


 
あの「からっぽの木」へと辿り着きます。 














 






 
 


 
 
 
 
 
 
 




 
 
  


Posted by ひげ at 22:28Comments(0)横濱

2013年05月05日

五月快晴の「BAY QUARTER」








快晴の日の続く今年ののどかで平和なGW。



でも、なにやら最近、庭先では



波風の立つ度合いが増しているかのようで、



こまったものです。



http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130427/plc13042712070010-n1.htm



でもこういうニュースって



マスコミがあまり大きくは取り上げないのは不思議ですね。










さてさて気分を切り替えて昨日は、



いつも利用しておりますBAY QUARTER(ベイクオーター)が



リニューアルされたので早速行ってみました。


http://www.yokohama-bayquarter.com/







いつも買っていますメガネ屋さんで



オープンカー用にサングラスを新調して、



アウターのパーカーやワインに蜆汁、



バッグなどを購入して



3階のテラスで無印のレストランで



新鮮野菜と昼食用に幾つかの料理と



ジンジャードリンクをテイクアウト。



五月の晴れた空、



客船を模したような



イベントスペースには沢山の椅子が設置されていたので



爽快な浜風に吹かれて一休み。



橋の上の空いた道路上を水色のエリーゼが



気持ち良く走り抜けて行くのがとても印象的でした。








BAY QUARTERの3Fにある「カフェアンドミールムジ」。


南向きのテラスから食事ができ、


テイクアウトもできる使い勝手の良い店舗だと思います。









BAY QUARTER「Cafe Meal MUJI 横浜」

http://www.yokohama-bayquarter.com/page/shop/detail/?id=130

http://www.muji.net/cafemeal/




 
 
 
 
  







































































































 
 
 
 
 
 
 








いくつかの用件をこなした休日の終わり、
勿論、一日のシメは野毛の「旧バラ荘」の止まり木で・・・。






 
 
 


野毛「旧バラ荘」、現在はオーナーが替わって


現オーナーは話好きで芸能好きな、気さく過ぎる男性です。


おっと、「ももクロ」好きも忘れてはいけない。笑


このレトロなBARには女性客が多いのもマスターの人柄を物語っていますね。




http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14014724/

 
 
 
 


  


Posted by ひげ at 07:53Comments(0)横濱

2013年05月04日

Blue Blue Blue











五月としては涼しいこの夕暮れに



一歩ずつ上る階段。



見上げれば碧碧とした空が広がり、



若葉たちの輪郭を隠してゆく。



やがて帳を下ろす前の



つかの間の蒼い世界に・・・




































































































































































 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
タグ :横濱夕暮れ


Posted by ひげ at 01:00Comments(0)横濱

2013年05月02日

野毛 柳通り






目線を上げるのには



とても良い季節



若葉が街灯に照らされて



寒さを忘れる夜



風も止まった野毛の柳通りは



春のおぼろ月が



酔客の足元をやさしく照らし



今宵の横濱の夜は深く過ぎてゆくのですね。




























































 





おっと、上ばかり見ていると、



足元が・・・、・・・・。








 
 
 
 
 
  
 
  


Posted by ひげ at 22:05Comments(0)横濱