2010年08月29日

「ブルーベリーの森」にて








自宅からゆっくりゆっくりとビーカブで走っても

わずか二十数分の場所に、

「横浜あさひブルーベリーの森」がありました。

電車では相鉄線鶴ヶ峰駅から徒歩で約10分のこの場所。


「ブルーベリー」の効能は「目」に良い、

アントシアニンという成分が多いことで知られています。


先週末は一日で約2500ページのチェックをするなど

日頃、目を酷使しているひげとしては、

とても有り難いフルーツです。


さてさて、この「横浜あさひブルーベリーの森」の

ブルーベリー摘み取り体験は、

わずか1000円で試食しながら300グラムが持ち帰ることができ、

「アイコ」というミニトマトは15個摘んで300円。

ちなみに本日は15個摘んで100円でした。嬉


そして、ブルーベリーは1000円の「ランチセットパック」で

100グラム増量されるという・・。



そこでひげ達は要予約である体験を申し込み、

当日である登園時に「ランチセットパック」を申し込みました。


セットの中から飲み物は「ブルーベリースムージー」を、

食事はそれぞれ「農園カレー」と一口ピザ四種から「トマトと照り焼き」の二種。

デザートは「ブルーベリーアイス」を頂きました。


さてさて、兎に角、

画像をご覧ください。笑


1000円で味わえる「ブルーベリー摘み取り体験」は、

来週末で終わってしまいますが、

まだまだいろいろなイベントが有りそうです。



◆◆「横浜あさひブルーベリーの森」◆◆

http://www012.upp.so-net.ne.jp/a-mori/index.html


おっと、「ランチセットパック」にしたら、

ブルーベリーの摘み取り100グラム増量で、

二人で800グラム。嬉々

そして余分に摘み取ったブルーベリーは

グラムで買取りでしたので、

ひげ達は二人で約900グラムの大きなブルーベリーを抱えて

帰宅いたしました。


ちなみにこの猛暑の影響でブルーベリーは、

『大豊作』とのこと。

品種は「ラビットアイ」という種の内のひとつで、

兎に角、大きくてフレッシュに甘い・・・。嗚呼


どうぞ画像をご覧下さいませ。











太陽の恵み。薄シワのブルーベリーは完熟でとてもとてもフレッシュで甘い!!

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_00A.jpg

















勿論、開園前の一番乗りです。笑

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_002.jpg































これは多分「クルマバッタモドキ」というバッタ。
沢山いるのでお子様採り放題の好システム。笑
この種はヒシバッタと同様に個体差・地域差による大きく
分布の解明されていないかもしれません。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_004.jpg
















受付はこちらです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_005.jpg
 











去り行く夏の恵み。秋に向かう青空はまだ残暑が漂う。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_006.jpg
















テラスでは軽食だけもとれます。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_007.jpg
















体験摘み取りへの簡単な説明中です。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_008.jpg
















豊作のブルーベリーは摘み取った後でもまだまだ育っています。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_009.jpg
















この夏の恵みの集大成!!
もう何も言うことはございません・・・。じゅる
その大きさは小柄なチーママさんの爪と比べてみてください。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_010.jpg
















こちらも夏の恵み、品種はメグミ・・ではなく、「アイコ」だそうです。爆

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_011.jpg

















自然の甘み。フレッシュな「ブルーベリースムージー」は単品でも300円。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_012.jpg
















「ランチセットパック」の一口ピザ四種のうち、「トマトと照り焼き」の二種。
生地は米粉で香ばしく美味しい。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_013.jpg


















もうひとつの「ランチセットパック」は農園カレー。
辛くなくてお子様にも大丈夫ですょ。笑


















幾つかチョイスできるデザートは手作り「ブルーベリーアイス」を選択。
「ブルーベリーゼリー」も食べたかったです。
いずれも単品で300円・・かな。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_015.jpg
















小ぶりな完熟トマト「アイコ」は体験摘み取りで
通常二袋30個で通常600円のところ
当日200円の破格プライスでした。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100829_016.jpg




















 
  
  


Posted by ひげ at 21:55Comments(2)横濱

2010年08月28日

「サヨナラ、夏」。







「サ・ヨ・ナ・ラ・夏・・・」



少しずつ去っていくこの夏。


まだまだ過激なまでに猛暑な夏。


まだ来週も頑張って太陽を照らすであろう夏。






でも、そろそろ、


君とはお別れ・・・。


情熱的な君が去ってしまうのは寂しいけれど、


「さよなら夏。」


そしてこの、今年の愉しい時間を「ありがとう!」。














http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100828_003.jpg
















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100828_001.jpg
















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100828_002.jpg





 
 






画像は全て自宅から数十メートル以内です。

自宅は四方を横浜市の清水ヶ丘公園と四丁目公園に囲まれた場所。

ここには駅から228段の階段を登らなければなりませんが、

そこにはまだまだ自然の木々に包まれた

懐かしい空間が広がっています。

そう、まるでジブリな世界を切り取ったかのような・・・。   

 
 
























ほら、あの懐かしい、

子供の頃に実に糸を通して遊んだ

あの「ジュズダマ」も静かに秋を待っている・・・。












http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100828_008.jpg












そしてエノキの繁茂する高い枝先。

無風の良く晴れた暑い日には、

タマムシたちが飛び交った夏も

ゆっくりと南に去ってゆくのです。




















  
 
 
  


Posted by ひげ at 14:01Comments(2)からっぽの木

2010年08月27日

「カーアンドドライバー」誌に掲載されました。









この春に取材を受けたクルマ雑誌、

「カーアンドドライバー」誌に

オープンカーを愛でる人達として掲載されました。


オープンカーで風を感じだしてから

もう膨大な時間が過ぎ去りましたが、

毎回、屋根を明けるとその新鮮さに感動します。


いまやオープンカーはスティタスでもなんでもなく

身近に「非日常」を感じ、

季節の移り変わりと匂いを味わえる

沢山のオープンカーが走り回っておりますが、

だからこそその価値や幸福感を味わえる人達に乗ってもらいたい・・。












http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100826_CAD001.jpg
















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100826_CAD002.jpg










夏の太陽はゆっくりと南に帰ろうとしています。

もうすぐ涼しい風が頬を流れる季節がやってまいります。

また、屋根を開けてゆっくりと流すあの季節がやってくるのです。








●「カーアンドドライバー」

http://www.car-and-driver.jp/clubguide/index.html


●「O.P.E.N.」

http://www.opencar.org/


●「O.P.E.N.」秋の軽井沢サイト

http://opencarorg.web.fc2.com/akikaru/index.htm
  


Posted by ひげ at 06:17Comments(2)オープンカー

2010年08月23日

『流しそうめんの会』、秋屋四季で季節を味わう!!






まだまだ季節は真夏。

日中の陽射しは射すように強く熱く、

渡る風も照り返しを受けて湿度の高い熱を含んでいる。

今年の夏はまだまだ残暑が続く日々に戸惑う私たち・・・。



そんな中での涼しげなお誘い、

共に涼を味わう『流しそうめんの会』のご案内を頂きまして、

湘南は葉山の南、

秋谷のアトリエ&スタジオ『秋屋四季』での

「にほんの四季を愉しむ その一」の集まりに参加させて頂きました。

戦前に建築された築七十年の日本家屋のお庭で

全長十二メートルの「流しそうめん」に舌鼓!!



もちろん全て御馳走になるわけにはいきませんので、

ほとんど材料代といえますいくばくかは

会費として分担させて頂きましたが、

『懐かしい和』の空気感と雰囲気に包まれて、

夏の暑さを「粋」に愉しむことができました。

そう、肩の力を抜いてまったりと・・・。むふふっ



こういう集まりは、企画される立場としては、とても手間がかかります。

ひげも以前からいろいろとお仲間とのお愉しみを共に味わって来てますが、

天候を含めて、とても前準備や気苦労が掛かるものなのです。

この残暑の中、これだけのお愉しみを「形」に現してくださるこの企画。

とても、とても深い味わいと愉しみに満ちた『粋な企画』でした。



当日は、葉山在住の友人のデザイナーであるトニー鯨山氏と三人で

豊富な「薬味」と、沢山の話題に舌鼓を打って

良い一日を過ごすことが出来た感謝で一杯です。

どうもありがとうございました。



食後は広い畳の部屋に上らせて頂き、

『昭和な話題』に話は弾んで、

こういう懐かしい環境の中で

あの良き昭和の頃を「思い出し」ながら、

愉しい時間は足早に過ぎて行きました。

いまはその満足感で一杯です。



この『流しそうめんの会』の集まりは、

あと今週末まで開催されておりますので、

ご興味のある方は是非、足と心を向けて

私の味わった愉しみを体験してみては如何でしょうか。


まるで、どこかのふるさとの、

懐かしい親類の家に行ったかのような、

心の穏やかな雰囲気を

この夏の「ひとつの思い出」として

持ち帰ってみてください。



今回の『流しそうめんの会』は、

今週末の27(金)から30(月)までです。



http://www.h2.dion.ne.jp/~p-blue/jikaiakiyashiki.html

http://blog.livedoor.jp/akiya134hayam/archives/51877049.html
















素晴らしいではありませんか、この「涼を味わう和の空間」。
決して必要以上に主張し合うのではなく、
個々が素朴に、囁くが如くバランスの保たれたこの『景色』。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_003.jpg

















素晴らしい「お愉しみへの提案」をされている『秋屋四季』。
その入り口はこんなにもささやかな階段です。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_005.jpg
















優しく書かれた「流しそうめんの会」。
それはそっと解る人だけに囁いてくれるかのような薄墨・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_004.jpg 
 















「秋谷2丁目」の風情。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_019.jpg 











 




「和」の味わいに浸るトニー鯨山氏・・・。

http://fujihige11.hama1.jp/e820062.html

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_006.jpg  
 
 









  




白胡麻と黒胡麻の色分け、
さり気無いもてなしのひとつを見ても気持ちよいですね。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_007.jpg 
 















「薬味」として、擂り生姜・山葵・小梅・胡麻・大葉、白葱、刻み海苔、
そしてシークワーサーなど、
「涼」を味わう素麺にはいろいろな薬味が合うのです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_008.jpg
















トニー鯨山氏が「ここは両方から素麺を食べられる特等席だね。」とご機嫌に・・。笑

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_018.jpg
















おおっと、早くも素麺が流れだしました!!

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_009.jpg
















素早く箸ですくい、お好みの薬味と出汁に落とし込みます。じゅる

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_010.jpg
















ほらほら、来ました来ました、そうめんが・・。
おやっ・・・、葉山唐草の手ぬぐいをチーママさんが落としてますね。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_011.jpg

















ささやかに吹いてくる風。
蚊取り線香が薄く漂う縁側からの懐かしい「景色」。
ここに静かに佇むだけで、幸せな時間が流れてゆくのです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_012.jpg
















古来、人々は自然との共存を図り、
四季を愛でてまいりました。
その自然との距離感を大切にしてきたのです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_013.jpg
















簡素で、それでいてとても身近で贅沢な「和」の空間。
当日は昭和の時代の懐かしい話題から、
ひげの体験した「本所の七不思議」の狸囃子のお話まで
話題は尽きませんでした。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_014.jpg
















夏の木漏れ陽も、海から吹いてくる風も、
蝉時雨の降り注ぐこの夏の日も、
その全ては今日、この場に居合わせることのできた
大切な記憶として心の引き出しにしまわれたことでしょう。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_015.jpg
















風のそよぎがありがたい・・。暑かった今年の夏を涼やかに・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_020.jpg
















裏山からも静かに寂とした空気が流れてきます。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_021.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_016.jpg
















今日の「さようなら」は、
身体にも心にも満足感という「栄養」を持ち帰れる、
そんな感謝に包まれておりました。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_017.jpg





 
 
 








満足感は心と身体に等しく、
蝉時雨の降る中「秋屋四季」の門へ。
周りは秋谷の今年の夏の自然に深く包まれていました。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100823_022.jpg








 
 
 
 
 



『秋屋四季』の日本家屋とその庭は、
ブログアップ時に流れている某CFの元となった場所でもあるのです。











 
 
 
  


Posted by ひげ at 22:47Comments(0)秋谷

2010年08月22日

うちのカワイイ「ゴーヤ」ちゃん。








忘れてしまうほど以前に苗から植えたゴーヤたちが、

ありがたいことに毎年実をつけてくれています。



玄関を開けると目の前は某公園、

その境目に今年もプランターに昨年落ちた種から

繰り返す季節にゴーヤが元気に実をつけてくれました。


この当たり前に大切な自然の営み。

いま、そのバランスが崩れつつあります。

このゴーヤの隣の地面、

そこに自然に育った烏瓜の茎は「帯状化」して・・・。



短時間、明らかに変るモノに対して人は敏感ですが、

少しずつ、わずかづつ変化するモノに対しては鈍感なのかもしれません。

それは自然にも社会にも、自分の身体に対しても・・・。


そこに、ひとつの『全ての営み』・・、

これからへの考え方の「距離感とヒント」があるように思う、

今日このごろなのです。


勿論、物事への「感謝」という言葉の意味をふまえた上で・・・。













http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100821_001.jpg












  


Posted by ひげ at 20:01Comments(0)横濱

2010年08月15日

速報『森戸の浜の盆踊り』。











先ほど、行ってまいりました『森戸の浜の盆踊り』。


強い夏の太平洋高気圧に包まれて、

立秋を過ぎても空はあくまでも「湘南の夏」そのもの。

森戸の浜の正しい日本の海水浴を満喫した人達が家を目指す頃、

私たちは以前、珠屋のあった駐車場にとビーカブを滑り込ませました。

勿論、ビーカブの屋根を開けてHAPAを流しながら・・・・。




さて、まだ明るい頃までは蒸した海の空気が私たちを包んでいましたが、

やがて、陽も傾き次第に照度の落ちる頃になると、

アスファルトやビルに囲まれた都会の放射熱とは違う、

「自然の夕風」が吹きだしました。




ビーカブには全員、浴衣姿で森戸に乗り込みましたので、

それまで汗ばんでいた、

その汗がスーッと引いてゆくこの気持ち良さ。

その雰囲気の中心に流れていた「清涼感」が、

そのまま撮影した画像にも表れているように思いますが如何ですか。




そうそう、森戸神社のすぐ近くを私一人、

怪しく徘徊しておりましたら、

なんとIWANOFU奥様にハケーンされてしまいました。汗




さてさて、夕暮れの湘南、

この森戸の浜に吹き始めたその風の気持ち良さは、

今年の夏の思い出として記憶に深く刻まれました。

そして夕闇に包まれるころには、

「盆バンド」の味わいのある懐かしく身体踊るリズムに抱かれながら、

今日のこの瞬間への感謝の気持ちに包まれておりました。















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_0000.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_000.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_H.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_I.jpg
















団扇の右に江ノ島灯台の灯りが瞬きだす頃。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_1.jpg
















空は次第に照度を落としながら・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_00.jpg
















ほら! 懐かしく優しい灯りが空に浮かび上がる・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_A.jpg







 
 
 
 
 
 
  









良い味わいに出会うことは、
きっと人生を豊かにしてくれるのかもしれません・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_B.jpg
















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_C.jpg


















暮れてゆく空に、海風に流れる「盆バンド」の調べ。
トニー鯨山氏やチーママさんたちも踊ってます。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_E.jpg
















いま、この場に居ること、
いま、この雰囲気に身を置くことの幸せ・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_F.jpg
















あっと言う間に、見渡す限りの参加者。
みんな過ぎ行く今年の夏に思いを馳せるかのように・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_G.jpg


















『盆バンド』の方たち、素晴らしい雰囲気を作り上げてくれました!!

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_0.jpg











 


 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100815a_J.jpg
















http://bonfes.exblog.jp/






 
 













 
  
 
 
  


Posted by ひげ at 22:45Comments(2)湘南

2010年08月14日

夏の囁き。










夏の盛り。

この『からっぽの木』の周りには

いま沢山の昆虫たちが「この夏」を謳歌しています。

しかし、その丘の上に吹き渡ってくる風も

あとひとつきも経てば秋めいて涼しくなってくるでしょう。

そんなことは知らずに、

彼らは今この瞬間を愉しんでいます。

そんな姿は、その時間を延ばして考えれば

我々人間にも当てはまるものなのかもしれませんね。













1980年代までは近畿地方以西でしか見られなかった「ツマグロヒョウモン(雌)」。
最近は温暖化で関東でも毎年見られます。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100814_000.jpg
















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100814_001.jpg

















今年は蝉の声を聞いたのはヒグラシからでした。
画像のミンミンゼミも例年に比べて少し小さいものが多いです。
今年の夏は何かがおかしい・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100814_002.jpg































シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)。
雌は色が麦色をしているからムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)です。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100814_003.jpg
















ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)の雄。精霊・・なんだ・・・。
子供の頃「キチキチバッタ」とか「ハタオリバッタ」と呼んでいました。
雌は雄よりかなり大型化します。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100814_004.jpg
















「からっぽの木」も大分健康状態が良さそうです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100814_005.jpg
















そのすぐ近くでは早くも「秋」が忍び寄って・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100814_006.jpg









 
 
 
  
 


そうそう、au(KDDI)のコマーシャルに

「からっぽの木」に隣接する「大原隧道」が出ていますね。

http://www.kddi.com/ad/index.html#/cm/keitai/garden/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%C5%8Chara_zuido.JPG









 


  


Posted by ひげ at 19:11Comments(0)からっぽの木

2010年08月14日

残暑を乗り切るために・・・





まだまだ暑い毎日です。

そろそろ身体にも残暑の影響が出始めて

体力も気力も落ちてくるころ・・・。

タジン鍋によるカリー風味の鶏肉と贅沢トマト煮を作ってみました。

鶏肉を一口大に切り刻みニンニク、カリー粉と一緒にオリーブオイルであえます。

塩・胡椒はお好みで少しだけ・・。

五分十分程度そのままねかせます。

その間にタマネギとエリンギなどを適量切ります。

タジンにタマネギから敷いてゆきます。

最後に大ぶりに切った完熟トマトを皮のまま・・。

水は一切入れません。

あとは電子レンジで約10分。

10分経ったら一度、肉への火の通り具合を確認。

火が通ったら数分そのままで蒸します。

丁度、冷たいシャワーを浴びている間に

夏バテ防止、食欲増進のカリータジンが出来上がります。笑


おひとつ如何ですか??笑









http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/201008088_001.jpg
















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/201008088_002.jpg








えっ?

今日は海に行っているのではないか・・・ですって?

今日はD5000の部品を買いにオープンで走り回ってきました。

明日の夕方、海沿いの森戸の浜の盆踊りに行くために・・・。笑
  


Posted by ひげ at 11:51Comments(0)お勧めチョイ料理

2010年08月08日

赤煉瓦に白砂のビーチ「BEACH BAR 99」







今日はゆっくりと起きて空を見上げると雲の多いヨコハマ。

予定通り、赤煉瓦倉庫のイベントである

白砂のビーチ・バーへとビーカブの屋根を開けて・・・。


先日から知り合いの方たちに先を越されてしまったイベント。


23日間の限定で、赤煉瓦倉庫前に純白の砂浜(縦約36m×横約17m)が出現。

その「BEACH BAR 99」でスモーク・ターキーをつまむことが目的です。

「BEACH BAR 99」の開場は午前十時半。

当然、一番乗りを目指して開店前の日影で待つこと約三十分。


今回は数日前に届いたNikonのD5000と望遠ズームの試し撮りを兼ねています。

だってスモーク・ターキーのお相手はノンアルコール・ビールですから・・・。



さてさて、細かい説明はオフシャルのページと

D5000で撮影した画像をご覧ください。笑


ひとつだけ補足を、

ここの白砂に裸足で立ち足指を動かすと・・・、・・・?!?

なんと言いますか、このオーストラリアはブリスベンで採れた天然砂、

不純物や有機物などを取り除き精製された清潔な砂だそうで、

太陽の熱で熱くなることがなく、、

粒子が細かいのでビーチの砂とは感触が違います。

まるで粒の細かい乾燥した塩・・みたい。


なんでもこのイベントは来年100年を迎える赤煉瓦倉庫の

前年のイベントとして位置づけられているようです。

http://www.yokohama-akarenga.jp/index.html



一度、お子様連れでも愉しめるこのイベント、

是非、ご体験ください。

但し、粒子がとても細かいのでお子様の「目」に入ったり、

カメラにも影響があるでしょうから、

注意が必要だと思いますが、

それにも増してこういうイベント、

洒落が利いていて

当日ここで飲んだマンゴースムージーと同じくらい私は好きです。










http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_001.jpg












http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_002.jpg












http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_003.jpg

























「にっぽん丸」の出港です。
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_005.jpg













http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_006.jpg












ひげのお勧めはマンゴースムージー(500円)に、
スモークターキーレッグ(500円)とポテトフライ(350円)です。
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_007.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_008.jpg












http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_009.jpg












http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_010.jpg












http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_011.jpg












http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_012.jpg












http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_013.jpg












なかなかのスモークターキーレッグとポテトフライ♪♪
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_014.jpg

























今日は小型のパレオ・フォルダをふたつ購入しました。
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_017.jpg


























http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100809_016.jpg
 
 
 
 








さて、来週末の日曜の夕刻は、葉山・森戸神社の盆踊りへ・・・。

http://bonfes.exblog.jp/12802210/



 
 
 
  
 
  


Posted by ひげ at 19:01Comments(4)横濱

2010年08月08日

『夏の一日』。





夏の一日は早起きから始まる。

朝五時に起床してTシャツに短パンで

身支度を整えて早々にビーカブの屋根を開けて

自宅から3~40分の荒崎海岸に向けて

ステアリングをきります。


荒崎海岸の公営駐車場は午前8時開門ですが、

この日は6時半過ぎには到着。

それでも待つ車の五番目でした。笑


駐車場が開くまで日影にパレオを引いて寝転び

空を見上げると夏雲とは違う

秋を予感される雲がダイナミックに広がり

何も考えずにボーっとしていました。


この日の荒崎海岸は、

いつものように期待を裏切らない海況で、

穏やかな波に揺られながら海に身を漂わせていると

すぐ手元までスズメダイの一種であるオヤビッチャが

私の足が巻き上げた小動物を食べに集まってまいります。

そんなものを再びボーッと眺めていると

肩のコリも些細な気にしていることも

夏の海に解けて流れてゆきます。


海から上がり、岩場に張ったコールマンのサンシェードへ

サンオイルのココナッツの香りが海風に広がり

見上げる展望台の上をトビが風をつかんで浮かんでいる・・。

「夏だなぁ・・・。」笑


トニー鯨山氏たちと合流して夏海を愉しんだあと、

正午には対抗する膨大な渋滞を見ながらスイスイと帰宅。



一番陽射しが強く暑い時間帯を

涼しく部屋で午睡のあと、


日没前に11系統の山手を走るバスに乗ります。

山手の代官坂でバスを降り

元町方面に坂を下れば夕暮れのクリフサイドや

良く利用するハワイのワイレアも夕暮れに浮かぶ。


本夕は元町の厳島神社の祭礼でしたので

寄り道をしてお参り。


そしてBAR「ミントンハウス」で

オイルサーディーンでバーボンを・・・。

予約していましたミントン35周年のTシャツを三枚。

この三種類あるTシャツ、

まだ若干の在庫があるので2500円で購入できます。




夏の一日を二度愉しむ。

それも身体や財布への負担は最小限にして・・・。

そんな一日は健やかな睡眠を誘ってくれるのです。



 







帽子まで海に浸かったので日干し中です。笑













駐車場から見上げた立秋を迎えた空。
季節が少しずつ替わって行きます。

 







 


 
風の抜ける涼しさが約束されたコールマンのサンシェード。
 








 


 
この日は丁度、大好きなHAPAがラジオ出演していました。 
 








 


 
潮の引いた荒崎海岸。まだクラゲは来ておりません。

 
 






 


 
チーママさんも海水浴へ・・・。笑 













相模湾を一望できる展望台では「夏している人」の上をトビが旋回。



 





 


 
サンシェード越しの展望台。 







 
 
 
 
 




 
さてさて午睡の後、夕景の中でミントンに向かいます。  













夕闇のクリフサイド。知る人ぞ知る老練のスポットです。













元町脇のワイレアではハワイのセンス良い小物が購入できます。













厳島神社の祭礼。







































そして横濱で最も古いジャズバーのひとつ「ミントンハウス」。
もう三十数年前からの変らない時間が流れる・・・。

http://www.y-navi.jp/kihon.php/general_id/145













35周年記念Tシャツの内の一枚。
おいどんの言葉が「とりあえず区切だよ 35年の」と・・・。笑







  


Posted by ひげ at 08:41Comments(2)湘南・横濱

2010年08月02日

八月の声を聞く『からっぽの木』











昨晩は横濱の港で花火大会が開催されました。

http://hanabi.kanaloco.jp/


その日の早朝にビーカブで流していると、

早、場所取りのシートが海辺に隣接する公園に・・・。

ひげも花火観賞は大好きですが、

愉しむ状況にもよります。

少しでも自分が見える場所に立ちたい気持ちはわかりますが、

そういう「凌ぎ合い」は、私は苦手です。


心穏やかに静かに眺める・・・。

それだけで良いのです。


だから最近は身近な場所で、

遠く花火の音に心を弾ませて、

木々の隙間に観える花火に

満足することが多いのです。


そんないまの自分成りの味わい方。

そこに満足と充実を見出せる心持ちが

いまの自分を支えるひとつの足場となっているのです。













http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100801_001a.jpg














http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100801_000a.jpg














http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100801_004a.jpg














http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100801_005a.jpg














http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100801_003a.jpg














http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100801_002a.jpg














http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100801_006a.jpg


 
 
 
 
  
 
 
  


Posted by ひげ at 23:29Comments(0)からっぽの木

2010年08月01日

『週刊横濱生活2』






まだ灼熱の暑さの無い真夏の早朝を、

カブリオレの屋根を開けてのユルイ散歩。

そしてみなとみらいの横浜美術館の「カフェ小倉山」での早い昼食。



陽射しに容赦の無い暑さを感じるころには自宅で風呂に浸かり

今日はナッツをつまみながら冷やした樽酒を・・・。



まだやっと八月の声を今日聞いたばかり、

蒸し暑く陽射しの強い日々はまだまだ続きます。

夏の過ごし方はいろいろとあるけれど、

自分のライフスタイルと体調に合った選択をしないと、

後々に無理が綻びます。



どうぞ皆さま、この猛暑を無理ない選択で

穏やかにお過ごしください。



やがて秋風を頬に感じ、

夏の猛暑が過去のこととして振り返るころに、

今年の夏を自分らしく乗り切った満足感が心に浮かぶことを希望して、

今日という一日を過ごされることを・・・。











「カフェ小倉山」で読む四冊ほど購入した内の一冊。
他はオズマガにブルータス、食べるラー油レシピです。ばぅ















「湘南マガジン」8月号には、森戸「cafe manimani」の方たちも
「湘南女子の密かなブーム 近所の海で魚釣り」
充実のお楽しみが4ページで紹介されています。


http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100801_013.jpg















いつもの山手234番館。
http://www.yamate-seiyoukan.org/yamate234.html
















飛鳥Ⅱが函館から神津島に向かう途中に、
今夜の「横浜花火大会サマークルーズ」で奥の大桟橋へ接岸しています。
赤煉瓦倉庫と比べるとその大きさがわかりますね。


http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100801_001.jpg

 













横濱クイーン
http://www.customs.go.jp/yokohama/queen/queen.htm















日本大通り
http://www.nihonodori.jp/















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100801_003.jpg















横濱 中華街
http://www.chinatown.or.jp/














こんな景色がわずかクルマで数分以内に集まる歴史ある横濱。
いまは哀しい歴史も愉しかった思い出その全てを包み込んで、
私たちにそっと優しく囁きかけてくれる、横濱はそんな町なのです。















最近、メディアへの露出度が上っているニュービートルカブリオレ。
Webマガジンの月刊チャージャーにも掲載されておりますね。


http://promotion.yahoo.co.jp/charger/ucar/contents/vol21.php








 
 
 
  


Posted by ひげ at 15:32Comments(2)横濱