2008年07月31日

「からっぽの木」界隈の住人たち





「からっぽの木」のある横浜市清水ヶ丘公園の住人たちです。




●キツツキの一種、コゲラ








●トウキョウヒメハンミョウ








●ミンミンゼミの抜け殻










夏はこれから盛りとなります。

どうぞ無理せず無茶せずに、みなさまお体ご自愛くださいませ。
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年07月30日

鯨雲




本日、29日の「からっぽの木」の丘は、

夕焼けではなく積乱雲の湿舌のような雲が

西の空に北から南へ伸びて、

まるでマッコウ鯨が泳いでいるかのような空の景色となりました。

画面には写っておりませんが、

蝙蝠が数頭、餌の虫を求めて飛び交っておりました。


 





http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080729_001.jpg









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080729_002.jpg
























お昼頃には雷雨のお湿りがあり

木々はやっと喉を潤わせて一息ついたところです。

今夜は少し「涼」を味わえるのでしょうか・・・。

 











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080729_005.jpg



 
 


  


Posted by ひげ at 00:03Comments(6)からっぽの木

2008年07月29日

奇跡のつづき




素晴らしい夕べの情景。

昨夕とはまたひと味違った美しい空。


空の景色はどれひとつとして同じものはない。

でもその夕景はなぜか懐かしさに満ち溢れている。

静かに、穏やかに時間は流れ

今日という一日に帳を下ろしていく・・・。


こういう一生をおくりたいものです。







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080728_001.jpg









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080728_000.jpg









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080728_002.jpg









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080728_003.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080728_004.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080728_005.jpg


 
 
 


 



私たちの住むこの世界は、こんなにも美しい・・・。


 
 
 



  


Posted by ひげ at 00:01Comments(4)からっぽの木

2008年07月28日

夕刻の奇跡。




日曜の夕刻、

ここ「からっぽの木」の丘はオレンジ色の空に包まれた

ひときわ美しい夕暮れとなりました。


鮮やかに一日の終わりを告げる

夏の日没でありました。






色味の加工はしておりません。

見えた通りの空色でございました。

その場に居ることができた人たちだけが

その事実を知っております。









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080727KK_000.jpg









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080727KK_001.jpg









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080727KK_002.jpg






残照を味わう・・・。


それは日中の暑さを暫し忘れた、


夏の愉しみのひとつでございます。





 
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(6)からっぽの木

2008年07月27日

ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバルは本日まで!!





昨日の土曜日、開場の一時間前の午前九時から

行ってまいりました「ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバル」。

延々と続く開場待ちの行列の前から七番目に並ぶことができました。

前の方だとエアコンが利いているのですが、

行列の後方はガラス越しの日射でものすごく蒸し暑くなるのです。



さてさて、購入したものは二年越しで探していた貝でできた「パレオ留め」と

このところ毎年購入しているヨコハマ・ハワイイ・フェスティバルのTシャツ。

そしてビーカブのお尻にぴったりの色合いの第七回記念マグネットとフラ模様のバッグです。







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080726_00C.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080726_00A.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080726_00B.jpg





第七回を数える「ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバル」は

本日まで横濱大桟橋界隈で開催されております。


http://hawaiifes.com/index.php


  


2008年07月27日

ヒグラシの朝




今朝はヒグラシが鳴いています・・・。

しだいに蒼く明るさを増してくる空、

そのわずかな時間にカナカナというヒグラシの鳴き声が

公園の深い森の中に響いています。



寝室の窓の網を小さく開けて

カナカナの声を聞きながら目覚める・・・。

それはこの夏の日の密やかな愉しみ。

新聞配達のカブの音は聞こえても

牛乳配達の自転車の瓶の触れ合うガチャガチャという音はもう記憶の中だけに・・。

ラジオ体操のメロディも最近では・・・・・。



そんな早朝を静かに彩るヒグラシの声は、

ささやかな記憶を寝床の中で浮遊させてくれるのです。




























  


Posted by ひげ at 05:40Comments(2)からっぽの木

2008年07月26日

清水ヶ丘公園、その夜の散歩。





清水ヶ丘公園。

深夜の夏景色は私の「ひとつの楽しみ」。

いつも違う空色に夏の風の匂いが吹き上げてくる。


できればカメラも何も持たずに、

フラリと身をおきたい。


自分の楽しみや味わいにはカメラは最初にありきではないはず・・。

写しとめられないからこそ大切の記憶に残ることもあるのだと・・。








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080702_0005.jpg













http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080702_0003.jpg




でも、お酒は持って行ったりして・・・、・・・。笑
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)からっぽの木

2008年07月25日

ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバル開催です!!




ALOHA!



いよいよ今週末ですね。

明日から横濱大桟橋界隈で「ヨコハマ・ハワイイ・フェスティバル」の開催です。



毎年、ビーカブでフラァ~リと訪ねるこのイベントは、

ハワイ王国、カラカウア王が1881年国賓として横浜港に寄ったことに起因して、

現在では横濱で開催されつづけております。


私は仕事により不確定ですが、土日のいずれかの開場前に

大桟橋駐車場にビーカブを滑り込ませます。

お車で行く方は、開場前に行かないと駐車場はすぐ満車となりますのでご注意くださいませ。

また、現在では撮影は規制があります。




http://www.hawaiifes.com/index.php






http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20050730_001.jpg


  

Posted by ひげ at 00:01Comments(3)横濱

2008年07月24日

七不思議・・とはちょっと違いますが・・・





無くて七癖・・・、・・・ではなくて・・・。笑

木の枝に擬態した姿が不思議なナナフシさんのご登場です。

木にとまっていたら絶対に気づかないですよね!!

とてもおとなしくて、よほど驚かないかぎりスタコラ早足にはなりません。笑


毎年うちの玄関にご挨拶にやってくるのです。

今年は特別に左のお足にウンカのチビちゃんを従えてのご挨拶。

ここ清水ヶ丘公園界隈では、普通に会える夏の住人でございます。笑







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080721_007.jpg


  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)からっぽの木

2008年07月23日

転生。




深く湿った闇の世界から、

つかの間の「光と熱」の溢れる空間へ、

それはほんの二週間ほどの『空蝉(現身)』。

拙く身体を支える枝はニセアカシヤ。



きっと、今年の世界に出でた油蝉は、

目と鼻の先に立つ「からっぽの木」に向かって

迷わず飛んでいったのかもしれません。

そのわずかな時間を謳歌するかのように・・・。








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080721_00A.jpg


  


Posted by ひげ at 00:01Comments(4)からっぽの木

2008年07月22日

静寂の時




酷暑の三連休も終焉を迎えて

ここ「からっぽの木」にもいつもの静寂が戻ってまいりました。


この穏やかな時間を大切にしたい・・・。

そんな夜に向かう景色です。








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080719_001.jpg
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年07月21日

丘の上の花火




20日の夜は横浜開港記念みなと祭の国際花火大会でした。

午前中から山下公園は場所取りのシートが沢山並び

午後6時からは山手方面までも交通規制。

港界隈のホームセンターなどの大きな駐車場も

買い物以外の利用は規制されておりました。


さて、ここ「からっぽの木」のある清水ヶ丘公園の丘にも

花火の遠望のため約80名の人たちが集まりました。

最近では周辺の木々が成長して横濱港の花火も

昔ほど見えなくなってきております。

でも涼と風情を求めて皆足を向けるのかもしれません。

8月1日には神奈川新聞花火大会が開催されます。


 






http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080702_0002.jpg

 







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080702_0006.jpg



 

  


Posted by ひげ at 07:11Comments(0)からっぽの木

2008年07月20日

『崖の上のポニョ』






昨日、朝一番で観てきました『崖の上のポニョ』。

宮崎アニメのファンなので詳細・前知識を仕入れる前に観てまいりました。

http://www.ghibli.jp/ponyo/


会場のGENTO YOKOHAMA [ゲント ヨコハマ] は夏休みに入ったこともあり満席。

http://www.gento.jp/

109シネマズのポイントカードで前日にネット予約をしておいたので

膨大な列に並ばないで広々のペアシートでゆったりと鑑賞できました。

http://109cinemas.net/


映画はとても良くて暖かい気持ちを持ち帰ることができました。

夏の暑さを越える爽やかな追体験は映画の愉しみのひとつでもあります。














宮崎監督は、これからの時代を「神経症と不安の時代」とし、

食料や原油価格の高騰からくる不確定の社会、

地球の温暖化からの環境の急変、

問題を知りながらも毎日の「今までの日常」を捨てきれない私たち、

そんな近い将来に置かれているかつてない大きな問題、その解決への糸口を

『どんな時代であれ、5歳の少年からみた世界は美しく生きるに値する。』として

人間の心の底に流れる純粋で疑いない、そのもろく繊細でいて

本質的な「本能」を物語化することによって私たち観る者に

語りかけています。

要はそれをキャッチできるかどうかというある意味、

投げかけであるのかもしれません。

純粋な「宗介だいすき!」というポニョのピュアな言葉を通して・・・。






"宗介"、その意外なルーツは夏目漱石の作品群、

「門」の主人公の"宗助"がもととなっているとのことです。




  


Posted by ひげ at 09:11Comments(4)映画

2008年07月19日

『夏の使者』





膨大な湿度と、

後頭部に響く気温。

風はぬるく、

夜の寝返りの回数を後押しして、

コンクリに降りた雨は、

只、その不快感のグラフを押し上げる。



温暖化の言葉を連呼する最近、

はたして「この国の夏」は、

招かざる季節なのでしょうか・・・、

い、いや、この季節が在るからこそ秋が際立ち、

冬の風の冷たさが身を叩いても、

やがて訪れる春のありがたさが心に染みる。


齢により以前より「夏」を敬遠することはあっても、

「四季」という料理を際立てるこの夏とい名の

柑橘系の「調味料」は、

いまこの時間を耐え身に受けることにより

「一年の縁取り」をこころ新たに際立たせてくれるのかもしれません。





さてさて、明日はゲントで『崖の上のポニョ』を一番で・・・。笑

http://www.ghibli.jp/ponyo/







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20060723_000.jpg
















  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年07月18日

湘南の風




葉山のレストラン「Ottimo」に以前ビーカブで訪ねた時のカットです。





http://fujihige.dyndns.org/ottimo/index.html


今度、北海道からお仕事で、以前湘南方面で遊ばれていた

同じビーカブ乗りの蓬堂さんが東京に出張される・・・、

この記事は、その書き込みに対するご返事でもあります。


湘南には知る人ぞ知る、小洒落たお店や遊び場所が数多くありますが、

なかなか表立ってメディアに登場することも少のうございます。

それはその愉しみを愛する自分たちが、

落ち着いて楽しめる時間と場所を大切にしているからなのかもしれません。


なお、このお店はこのところ忙しさによりまして訪ねておらず、

お店脇にはもう愛車を駐車する場所はないとのことです。

もしご興味がありましたら、事前に下記をご確認の上おたずねくださいませ。


ひよっとすると、以前店長さんがご連絡をくださった、

ひげの撮影したビーカブとこのお店の写真が、壁にかかっているかもしれません・・。笑

http://www.ottimo2003.com/


  
タグ :横濱湘南


Posted by ひげ at 22:22Comments(2)湘南

2008年07月18日

夏ほ迎えて、「からっぽの木」の夜景。




この梅雨の季節にはめずらしい冴え冴えとした夜の空。

きっとほんのつかの間の自然の息抜きなのかもしれません。

今宵、この景色を見上げ・眺め・身を置く事ができた人は、

幸せなのかもしれない・・・と思うほどの

澄んだ夜空でございました。


春と夏との狭間に身をおいて、

この瞬間をそっと味わう瞬間でございました。








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080717_001.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080717_002.jpg


  


Posted by ひげ at 07:11Comments(0)からっぽの木

2008年07月17日

川崎大師の「風鈴市」始まる!!




今年も川崎大師の「風鈴市」が

今日17日(木)から21日(祝・月)まで開催されます。

http://www.kawasakidaishi.com/event/jul.html#fuurinichi


全国47都道府県の『風鈴』が820種類、28,000個が並び、

1,000円前後からですが、びっくりの約40万円の風鈴も売られているそうです。


同じ形をしていても、ひとつひとつ微妙に違う「音」がする・・・、

そんな風鈴を確かめながら、ひげは今年も行ってみようと思っております。










http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/51008_001.jpg
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)風鈴

2008年07月16日

書を携えて丘に上ろう(その壱)。




『 その濃きことを競わずして、

程よき淡き、この今を極めよう。 』







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080715_001.jpg


 
 
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年07月15日

ドラマ「若葉のころ」の「からっぽの木」



「からっぽの木」は、KinKi Kidsの「若葉のころ」にも出ていました。

この番組はTBS系列で1996年4月12日から6月28日に放送されたテレビドラマです。



丁度、6分位から・・・、まだ枝の今ほど広がっていない

12年前の「からっぽの木」が暫く眺められます。

画像は少し縦長になっているようです。




  


Posted by ひげ at 00:01Comments(4)からっぽの木

2008年07月14日

広がる空・同化する心



日曜の夕刻。

夕寝から起きだして見上げる「からっぽの木」と広がる空。



そう・・・、私たちはもっと空を見上げよう。

そしてできるならば少しだけ働き、少しだけ苦労をしよう。







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/2008_01.jpg
















http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/2008_04.jpg






  


Posted by ひげ at 00:01Comments(4)からっぽの木

2008年07月13日

濱の夜風(赤レンガ)




濱の定番とも言えます赤煉瓦のライトアップ。

週末のこの時間、およそ98.17%はカップルでございます。笑






優しさと思いを包み込み、横濱の夢は夜ひらく・・・。







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080712_001.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080712_002.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080712_003.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080712_004.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080712_005.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080712_006.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080712_007.jpg








赤レンガのKUA`AINA(クアアイナ)横浜赤レンガ店にてのアボカドバーガー。
こちらも定番でございました。笑


http://www.kua-aina.com/




そうそう、今年のハワイイフェスはもう間近ですね。むふふ

http://www.hawaiifes.com/index.php


 




  


Posted by ひげ at 00:01Comments(5)横濱

2008年07月12日

相棒。






今年も夏の相棒にゆったりと身を委ねて


週末のお遊びと洒落込みましょう。笑












http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/60129_001.jpg


 
  


Posted by ひげ at 00:21Comments(2)オープンカー

2008年07月11日

「太陽の季節」




イントロとしての「太陽の季節」。

夏の湘南。

毎年この「太陽の季節」は巡ってくるけれど、

今から五十年ほどまえに、

このヨット発祥の地、逗子・葉山の海で

ひときわ光輝いた「夏」がありました。


http://www.i-shintaro.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E5%AD%A3%E7%AF%80



若者の心と海を映したこの芥川賞を受賞した小説は、

当時の若い人たちの噴出しどころのない膨れるばかりの気持ちに

「ひとつの切り口」としての放出路を開いたばかりでなく、

半世紀も時を隔てた現在の至るまで、

多くの人たちの気持ちの「糸」を張りつづけております。



さてさて、今年の湘南も相変わらず

「週末には冠婚葬祭を行うべからず・・」のような

混雑・渋滞の常ではございますが、

やはり健全に、そして放蕩に(笑)、

「フラリッ」と、なぜか「足」が向いてしまうのです。

空いていれば清水ヶ丘公園の「からっぽの木」から

横横道路を使って逗子までビーカブでも飛ばして約20分強。

でも真夏の午前七時過ぎればハマッてしまう二時間近い渋滞も、

笑い飛ばして夏の風物詩といえば皆さんに怒られるかもしれません。

そんな合間・隙と機会をみて、

幼い頃に家族と共にまだ暗い早朝に湘南外れの荒崎海岸に遊びに行った・・・、

あの雰囲気をまた今年も味わいたいと思っておるのでございます。








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/0710_00105.jpg







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/0710_00205.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/0710_00305.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/0710_00405.jpg








そう、あの湘南の景色を・・・・。






http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/0710_05505.jpg
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)湘南

2008年07月10日

「湘南港灯台」



本日、石原慎太郎氏の「弟」の文庫本を購入。

前々から欲しかったのですが、

既に通勤時の楽しみと化しております。笑

http://www.gentosha.co.jp/search/book.php?ID=200336
http://www.sensenfukoku.net/sea/seam.html




さてさて、我が湘南(ヲイ)も2008年の夏を迎えております。

最近ではあまり日焼けをしないよう心がけているのですが、

それでもこの季節になると会社の机の木目色より日に焼けていないと

なぜか気分が良くない・・・。爆


気温の上昇と日差しに比例してテンションの上がる今日この頃でございます。




画像は江ノ島の一番奥にある「湘南港灯台」。

そして海外でのみ以前特別販売されたニュービートルカブリオレです。


両者とも白いボディが空の藍にとても爽やかに映えるのです。










http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20070203_001.jpg









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20070203_002.jpg









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20070203_003.jpg










http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20070203_004.jpg






  
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)湘南

2008年07月09日

大原隧道(トンネル)




「からっぽの木」の近くにある大原隧道。

254.5mの直線の歩行者用の狭いトンネルは

「横浜市歴史的建造物」に認定されただけでなく

数多くのミュージシャンのプロモに使われております。



真夏でもこの中はヒンヤリと涼しいので

「からっぽの木」を訪ねて坂を駆け上がり

火照った体と汗を静めるのにも最適です。








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/OHHARA_002.jpg







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/OHHARA_001.jpg



●『大原隧道』

http://k-base02.pref.kanagawa.jp/pls/plkv/KV_VIEW?VIEW_DT_NO=1000000115

http://www.kindaikenchiku.com/yokohama/mo_tunnel.htm

http://www.city.yokohama.jp/me/minami/profile/midokoro/284/292.html

http://www.geocities.jp/ur_route_neo/oharazuido.html



清水ヶ丘公園の「からっぽの木」から京急:南太田駅に抜ける地図はこちらです。






http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/OHHARA.jpg
  


Posted by ひげ at 00:07Comments(2)からっぽの木

2008年07月08日

それは、七夕の夕べに・・・





それは、七夕の夕べに・・、


朝からの梅雨空は日没時には雲が祓われ空が・・、

きっと年に一度の再会をささやかに祝ってのことかもしれません。


上弦の月は22カウントの露光に少しブレて、

今日という時間が暮れてまいります。


こんな梅雨の夜には池波正太郎氏の小説『仕掛人・藤枝梅安』に出てくる

『梅雨の湯豆腐』で身体と胃を労わることにあやかり

夕食は土鍋の湯豆腐で・・・。ニヤリ



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E8%B1%86%E8%85%90




コッ、コホン!

し、失礼いたしました。


今夕の画像はこちらでございます。汗











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080707_001.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080707_002.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080707_000.jpg











http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080707_003.jpg










ふうっーーっ、湯豆腐美味しかった♪

『 梅雨の夜に 絹ごし温むる 土鍋かな 』





  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年07月07日

素朴で素敵な時間。




私のとても好きな時間。



つい先ほどまで沢山の人たちが「からっぽの木」を訪れて

それぞれの時間を愉しんでおりました。



今は明日の月曜を前にして

それぞれが既に家路について、

午後七時をまわったこの場所には誰の姿も確認できません。



街の灯かりが空の照度を越えて優しく光りだす時刻、

この「からっぽの木」は本来の静寂な景色に包まれるのです。



日中の暑さは忘れて

丘を駆け上がってくる涼しく澄んだ空気は

この景色とともに誰でもが味わえる「最高の日常」なのかもしれません。









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080766_000.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080766_001.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080766_002.jpg


  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)からっぽの木

2008年07月06日

改修前後の「からっぽの木」




2004年の「からっぽの木」。

当時も多くの人たちが静かに集い愉しんでおりました。



その後、根の露出に土を盛りなおす手が入りましたが、

今年の「からっぽの木」にも変わらずに

沢山の愉しみが集って・・・・。



「からっぽの木」からの眺める東側の街並みにも

ひとつの風情が変わらずに・・・。








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20041106_002.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080615_003.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20041106_001.jpg






  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年07月05日

夏の上陸。





昨日は湘南海岸に「今年の夏」が上陸しました。

今年は例年になく関東では降水も多いですが、

太陽さえ顔を出せば気温はグングン上がるでしょうね。


さあ、夏に負けずに夏を満喫しちゃいましょう!!







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20031124_000.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20031124_001.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20031124_002.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20031124_003.jpg








http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20031124_004.jpg





いま流れている「ブルボンプチシリーズ CM」のTVCM1は、いつも行く葉山公園ですね。

http://www.bourbon.co.jp/cm/news.html

http://www.kanagawa-park.or.jp/kenritu/16hayama/16hayama.htm


  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)湘南

2008年07月04日

提灯に誘われて・・・




小庭のウッドデッキ。

たまに七輪の炭に火を入れて

ごくごくよくある食材を炙ってみる。

それだけでとても・・・とても・・・・。むふふ



最近ではそんな機会も多忙で少なくなりましたが、

以前は毎週末「煙」を撒いておりました。笑

ご存知の方も多いかと思いますが、

ある日、外用の扇風機で公園の道がわに香ばしい匂いを送っていますと、

親子連れの女の子の方がお母さんに向かって

「今日はお魚だねっ!!」・・・っと、

ハイハイ確かに七輪の上はアラスカシシャモ(キャペリン)でした。爆


特注の提灯は野毛の鈴木提灯店へ発注して作ってもらったもの。

時々、匂いと灯りにお店と勘違いして道をウロウロする人たちがいたのは

もう伝説となりつつあります。笑

きっと香ばしい匂いは「からっぽの木」の近くまで漂っていたのかもしれません。




















それにしても炭火を見つめながらの一献は、素朴な味わいと心和む時でございます。

「炎」をじっと見つめて・・・、・・・・。良いものですね。


  


Posted by ひげ at 00:01Comments(4)からっぽの木