2008年05月31日

浅間神社のお祭り




浅間神社のお祭りは

電話で問い合わせましたところ、

来週末の6月7・8(土日)とのことでした。

縁日の連なりたるそぞろ歩き、

乞うご期待・・・ですね。




http://www.kanagawa-jinja.com/mem/main/37.html

http://asp.netmap.jp/cgi-bin/browse.cgi?P=AhofMxg1NkBfA2ATGyIoBHo.



























http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/0SENGEN200N_A.jpg

http://fujihige11.hama1.jp/e48491.html




  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)横濱

2008年05月30日

えっと・・・・・






こ・・、こんにちは・・・・・

















  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年05月29日

あの本牧の匂い




ある日の本牧でのカットです。

本牧にはまだ、あの頃の

米軍キャンプの匂いの漂う、

あの日の景色が存在しています。




















あのVW EOSの本牧での画像も・・・。









  


Posted by ひげ at 00:03Comments(0)横濱

2008年05月28日

情景、時に憧憬として・・・




良い季節・・・ですね・・・。


時には寡黙になるのも良いかもしれません。

静かにお勧めしたい画像を眺めていただいて

いろいろとその画像から受ける世界を浮遊して頂くのも・・・。

撮影者としての思いに叶うのかもしれません。



ではどうぞ、未熟な画像かもしれませんがご賞味くださいませ。

そしてよろしければ・・・・・。



http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/7_01.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/7_02.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/7_03.jpg















  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年05月27日

梅雨を前にして




梅雨が足早に近づいております。

一週の中で雨の日が少しずつ、

少しずつ増えてくる「気配」が忍び足で近づいております。



走り梅雨のような雨粒をいっぱいに吸い込んで、

見上げれば木々の枝先の葉たちも今年は一際伸びやかに

きっと住いの周りも深い緑に染まるのでしょう。




四方を公園に囲まれて、このブログを書き綴っております

この部屋の玄関側はこんな一幅の掛け軸・・というより雑木林。

その向こう側はお仲間のまるさんのお宅。








窓越しの公園はこんな景色です。








昨日は雨で「からっぽの木」の根元には水溜りが・・・。

部屋から木までの距離は"木から清水ヶ丘公園体育館の玄関"と同じくらいです。

「からっぽの木」がくしゃみをするとひげが風邪を・・・、・・・引くわけありまへんが。笑













今夜も明日も、明後日も明々後日も、ずっと皆様の穏やかな日が続きますように・・・。







  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年05月26日

「からっぽの木」の出ているCM




一時期見れなくなっておりました

「からっぽの木」の出ている東急グループのCM。

再びWeb上で見れるようになりましたね。



つじあやのさんの曲「忘れないで」の歌声が

CMのバックに優しく流れております。



http://www.tokyu-mirai.com/cm/04.html










つじあやの「忘れないで」は5曲目です。


http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Discography/A012809/VICL-62076.html





  


Posted by ひげ at 00:01Comments(1)からっぽの木

2008年05月25日

横濱散歩




この週末はお天気が悪いですね。

土曜も昼からは雨の予報に

仕事に行くペースで早起きして

屋根を開けて久しぶりの朝のお散歩、

幾つかの撮影をしてまいりました。



場所は先日hama1のブログでお邪魔しましたtakakohimeさんが書かれていた場所。

TYCOONの先での撮影です。

http://www.tycoon.co.jp/

この先には石原裕次郎ゆかりの横浜クルージングクラブがあります。

http://www.ycc-hp.com/



歴史の景色に埋もれる横濱、

それをひとつひとつ訪ねるとき

街角から時代の小さな囁きが聞こえてくるような気がするのです。

























いかにも横濱らしい大きな画像はこちらです。

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080524_03.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080524_04.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080524_02.jpg





本日の25日は赤煉瓦倉庫をゴールにしたヒストリックカーのラリーイベントに知り合いが参加しております。

時間があれば顔を出そうかと・・・。

http://www.hobidas.com/auto/jhct/



これは清水ヶ丘公園で彼のビックヒーリーの運転席に座るひげです。笑

このクルマは同型を石原裕次郎も赤木 圭一郎、吉永小百合も乗っていました。


















  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)オープンカー

2008年05月24日

朝露の「からっぽの木」




皆様、おはようございます。


本日の「からっぽの木」のある横濱はお昼からお天気は崩れて

この週末は雨模様の予報です。

よって早起きして「からっぽの木」を撮影してまいりました。



まだ青味を残した朝の光。

朝露に濡れた下草たち、

木には雀やメジロたちが楽しそうに朝の会合。

大気はしっとりとした湿気を帯びて

早朝の「からっぽの木」は静かに

そっと散歩の人たちを見つめていました。



http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080524_A.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080524_B.jpg



















○朝の「からっぽの木」を見上げて・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080524_C.jpg




  


Posted by ひげ at 07:57Comments(0)からっぽの木

2008年05月23日

「からっぽの木」の動画




今日は真夏日でした。

「からっぽの木」の周りでも初夏のような陽射しが溢れておりました。

ちょっと・・、い、いや、だいぶ重く画像も荒いですが
動画をアップしてみました。
風がとても強く吹いておりましたので音は絞ってください。
※読み込みには一番大きいものは一分近くかかることがあります。


http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080522.MPG
http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080522A.MPG
http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080522B.MPG























簡易な「からっぽの木」の動画はこちらです。







  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年05月22日

心象としての「からっぽの木」




数ある「からっぽの木」の


心象画像の中から今日の二枚です。


上弦の月を見上げるまだ涼しい頃の「からっぽの木」。


お父さんを追いかける男の子のシルエットに、


「からっぽの木」が物語をなにか囁き出すかのようです。




心象に触れるこんな景色も「人たち」が加わることによって


またひとつ彩りのあるお話にかわることでしょう。


その薬味となる「人」は、「美味」や「苦味」にもなりますので


画像上も生活上も扱いが難しいことは言うまでもありませんが・・・。




○大きな画像の方がより伝わりやすいかもしれません。

http://fujihige.dyndns.org/2007/SHIMIZU/0157.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2007/SHIMIZU/0160.jpg
















  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)からっぽの木

2008年05月21日

朧月夜の「からっぽの木」



朧月夜(おぼろづきよ)


菜の花畠に 入り日薄れ

見わたす山の端 霞ふかし

春風そよふく 空を見れば

夕月かかりて 匂い淡し



里わの火影も 森の色も

田中の小路を たどる人も

蛙の鳴くねも かねの音も

さながら霞める 朧月夜


[ 高野辰之作詞・岡野貞一作曲/文部省唱歌 ]



*************************************************


春の嵐の過ぎた今夜の「からっぽの木」。

丸い月が上がると薄い雲が流れ

「からっぽの木」の枝先が夜の風が揺れ

春の夜が更けてゆきます。


ほんの三ヶ月前までは雪の積もる景色でしたが、

いまは丁度良い夜の気温の中で

「からっぽの木」は芽吹きを濃くしています。


この心馴染む季節の夜景は

いつまで観ていても飽きることを知らないのです。




















●よろしければ壁紙にご利用ください。

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080520_A.jpg


  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年05月20日

夕映えの「南太田四丁目公園」




「からっぽの木」のある清水ヶ丘公園。

その公園にほぼ隣接する「南太田四丁目公園」は、

京急井土ヶ谷駅から「からっぽの木」を訪ねる途中の

長い階段を上りきった場所にあります。



良い雲の出ている休日の夕方には、

私は美しい夕景を観たくて、

カメラを片手に急ぐのです。笑


地元の人たちの愛するこの場所は隠れた名所でありますから、

もし「からっぽの木」で綺麗な夕焼けが観えたなら、

是非、この公園まで足を延ばしてみてくださいませ。

きっと美しい景色が貴方の目の前に広がっているはずですから。




















http://home.m04.itscom.net/masa0904/yakei/kana/minamioota.html



ここは遠く富士山を望む場所で

「ダイヤモンド富士(富士山頂に太陽がかかる)」の

観れる場所でも有名です。

季節を問わず夕陽の綺麗なときには

カメラを持った人たちがそっと静かに集まる場所でもあるのです。


  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)からっぽの木

2008年05月19日

「からっぽの木」に集う




今日の夕暮れ

「からっぽの木」は沢山の人たちが

それぞれに風や景色を味わっておりました。


良い季節になったものです、

昼は暖かく、夜も寒くありません・・・。

これからは昼夜を問わず「からっぽの木」に訪れる人たちが

絶えることがないかもしれませんね。


何も考えずにこの丘の上に立ち心を開くときに

ストレスという名のわだかまりは「すっ」と抜けてゆく事でしょう。

まだ訪れたことがない方、一度足を向けてみてくださいませ。

きっとこの何故皆さんがここに拘るのかという感じが

ご理解頂けることと思います。



















  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年05月18日

「からっぽの木」への道順(南太田駅編)



今回は京浜急行線の南太田駅から「からっぽの木」までの
わかりやすく最短の道のりのご紹介です。
徒歩で約20分と少々。こちらも井土ヶ谷駅からの道順と同様に
坂が多いですから焦らずゆっくりゆったりと景色を観ながら歩いてください。






まず南太田駅の改札(ひとつしかありません)を右に出て
すぐの道路を右に行きます。














そのままずっとまっすぐ進むと二つ目(駅前は数えない)の信号のすぐ先の上に
高速道路がかかっています。











ここをくぐったらすぐに右に上がります。ここポイントです。
南太田駅からは約250M程度です。















道は上りになりますがクルマは通れない道路です。
ただひたすら道なりに「ゆっくりと進んで」ください。















その先に長い約350M程度の直線の上りが・・・。ここもひたすらゆっくりと進みます。











やがて道は右に曲がり、高速道路をまたぐ橋を渡ります。ここも道なりです。











約250Mほどのゆるい上りの先に「小さな十字路」の交差点。
これを左です。ここが最後のポイント。












左に曲がればすぐ右手は清水ヶ丘公園です。
歩道を道なりに進むとほらっ!
「からっぽの木」が見えてまいります。



















お疲れ様でした。ここまでの間、南太田駅周辺からは自販機もありませんので

お買い物は駅の近くのFujiスーパーあたりが良いでしょう。



●「からっぽの木」までの京急南太田駅からの地図はこちらです。

http://blog.hama1.jp/index_map.php?x=139.60827112197876&y=35.43602279902221&z=16&blog_id=







●「からっぽの木」への道順(井土ヶ谷駅編)

http://fujihige11.hama1.jp/e45424.html

次にはJR「保土ヶ谷駅」からの道順を予定しております。



  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)からっぽの木

2008年05月17日

夜に向かう時間





春の夕暮れはゆっくりとやってくる。


柔らかい若葉もシルエットとなり


暮れていく空に染まっていく


そんな公園の街灯に照らされた一画だけ


瑞々しい緑が夜の闇に残るのです。



今日の一日に「ありがとう」。


そしてこれから訪れる明日に「よろしく」という心を持って。












  


Posted by ひげ at 19:39Comments(0)からっぽの木

2008年05月17日

春凪の「からっぽの木」




みなさま、おはようございます。

今朝は薄曇ですが、早起きして「からっぽの木」を撮影してまいりました。

風も凪で穏やかな朝の景色です。

平穏無事な週末でありまうようにっ!!






























  


Posted by ひげ at 08:11Comments(0)からっぽの木

2008年05月16日

カブリオレには景色がある。




カブリオレには景色がある。

周りの景色の波長を増幅してくれる力がある。


加速性能やスピードはまるで歩むようなものだけれど、

ゆっくりと流すことにより普段見落としている

何かを見つけることができる。


それはまるで身軽な軽装でスニーカーを履いて、

周りを眺めながら「散歩」をするかのように・・・。


いくつかのカットは横濱「ランドマークタワー」に、

葉山のスペイン料理「コスタ・デル・ソル」、

そして鐙摺港の「ラ・マレード・チャヤ」です。



お仕着せやカタログではなく

等身大の味わいを取り入れて肩の力を抜ける時間を味わう・・・、

それが生きていることの意味にも繋がるのではないかと思うのです。























  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)オープンカー

2008年05月15日

今夜のあの場所




日中の雨も上がり、

風もおさまった「からっぽの木」。

遠く本牧のエントツからは真上に煙りが上がっている・・。

数日続いた寒さからも解放されて、

雲の間からは一瞬、月がこちらを見ていました。

何も変わらず季節は巡る。

人は変わりながら新しい季節を迎えるのだろうか・・・。




今夜のあの場所はこんな景色です。


http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080514_001.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080514_00.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080514_000.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080514_0.jpg






















GW中に草刈りが清水ヶ丘公園に入り「からっぽの木」の周りもさっぱりとしています。
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年05月14日

浅間神社の縁日



いよいよ知る人ぞ知る、浅間神社のお祭りであります。

学生時代からこの六月のはじめのお祭りを毎年楽しみに待っておりました。

横浜駅から三ツ沢方面に20数分ほど歩いて、

浅間下の交差点に差しかかる頃から、

浴衣姿の粋なお姉さまや、良い加減に「気合と酔い」の入った親父たち・・、

あるいは小さなお子さんの手を引いたご家族連れ、

見るからに見た通りの若いもんたち・・。

そんなそれぞれの姿が増え出して

夜店の連なるお祭りに流れてゆくのです。


ここの夜店はひげの知るかぎり神奈川県では一番多く出店していて、

延々と600メートルもつづく両側の露店に、

ひとびとはゆっくりと立ち止り、

冷やかし、漂い、懐かしさに財布を緩めます。

そんな「茜色の風情」を求めて今年も大勢の人たちが足を向けるのでしょう。

階段を上った先にある浅間神社ではお神酒や甘酒が振舞われるのを

毎年地元の人たちだけでなく数千人もの人たちが楽しみ・味わいにくるのです。

それは、たとえば夏季の弘明寺の縁日の数十倍の規模で、

六月の最初の土日には、すれ違うのもやっとなほどのにぎわいとなります。

そんな「風情」を今年も私は楽しみにしておるのです。うふふっ


もし、今年この夜店の前でひげを見かけましたら、

そっと肩をたたいてくださいね。

強くたたくと酔ったひげはフラリと倒れてしまうかもしれないですから・・・。爆




http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/hama1_20060603001.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/hama1_20060603002.jpg


http://www.kanagawa-jinja.com/mem/main/37.html

http://asp.netmap.jp/cgi-bin/browse.cgi?P=AhofMxg1NkBfA2ATGyIoBHo.




横濱の景色は新旧の時代的背景と、濱の匂いを漂わせる、

その各々のシーンの多様さにひとつの大きな特徴があるのかもしれません。

























































  


Posted by ひげ at 00:01Comments(4)横濱の祭り

2008年05月13日

「Showcase」



フォルクスワーゲンのWebサイトであります「New Beetle Web Park」に

写真とコメントを入れてみました。


お気に入りのNewBeetleの写真&エピソードが公開される

「Showcase」の中にふたつです。

見つけてみてくださいませ。

もちろん「からっぽの木」も小さく写ってます。笑


http://www.new-beetle.jp/





  


Posted by ひげ at 09:11Comments(2)オープンカー

2008年05月12日

ブライダルシーン







四座のオープンカー。


世界中のブライダルシーンで利用されておりますが、


中でも多いのがロールスロイス、


横濱の赤レンガ周辺では良い日和の休日に


新郎新婦を乗せている白いロールスをよく見かけます。


そして明るいベージュ色のニュービートルカブリオレ。


こちらも国内外で数多く式場でお披露目されておりますから、


こちらもオープンで並んで走ると笑顔が交わされます!!










海外でのニュービートルカブリオレを利用したブライダルは以下のサイトにございます。


http://www.edwardrowlands.com/newbeetle.html


http://www.edwardrowlands.com/BugGallery.html


http://www.edwardrowlands.com/BugGallery2.html


http://www.weddingbugs.biz/


http://www.pinkweddings.biz/goodies/cars2.htm





  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)オープンカー

2008年05月11日

いま、誰もいない「からっぽの木」




雨の日曜日となった「からっぽの木」。

晴天を希望して訪れようと思っていた人たちも多かったと思います。


いま、「からっぽの木」周辺では小雨の中、気温12度程度と、

数日前とは十数度の気温の下がりで涼しいというより寒いくらいです。


こちらはたった今の「からっぽの木」です。

雨の湿気により草と土の香りが立ちのぼり春の季節を告げています。

雨雲の景色と木の下の「あの場所」の臨場感を味わって頂ければ幸いです。






http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080511_001.jpg







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080511_002.jpg







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080511_003.jpg







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080511_004.jpg







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080511_005.jpg




-----------------------------------------------------------

『 さみだるる 草の香りに 雨宿り 』

詠み:一歩(ひげ) 六月を前にして

-----------------------------------------------------------


  


Posted by ひげ at 12:40Comments(0)からっぽの木

2008年05月11日

『つちあかり展2008』




土曜日はオープンカー仲間の金さんのグループの

「つちあかり展2008」を訪ねて自由が丘に行ってまいりました。

金氏とはクルマ仲間というよりは、

もうほとんど呑み仲間のようなものです。笑


彼は先日新居をご購入。

玄関を入ると沖縄の呑み屋の雰囲気そのまま。

とてもくつろげる、それでいて拘りの空間を一人で愉しんでおります。


さてさて、そんな「つちあかり展2008」で

彼の手による逸品を手に入れてまいりました。

これからの季節、幾つかの刺身などを盛り付けて

活躍してくれるでしょう。










そんな「つちあかり展」は本日、日曜まで。

『つちあかり展2008』
日時:5月8日(木)から11日(日)
   10:00から19:00(最終日18:00まで)
場所:アートフォーラムワンズ(自由が丘)
http://www11.ocn.ne.jp/~one.s/


※展品はリーズナブルな価格で購入することができます。

http://fujihige11.hama1.jp/e44396.html
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(4)

2008年05月10日

藍空のカブリオレ




快晴の空、

深い藍。

逗子マリーナのパームツリーに

ハーベストムーン・ベージュのカブリオレ。

湘南の風は爽やかに頬を触り

このマリーナが出来る前に父親と

よく釣りに来ていた記憶を蘇らせる。

目を閉じてそっと聞き耳をたてると

懐かしい波の音が遠くから囁くように・・・・・。




今日は雨の一日。

そんな休日は「記憶の海」に漂うのもまた良いですね。

































http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/80104_001.jpg

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/80104_002.jpg
  


Posted by ひげ at 09:11Comments(2)湘南

2008年05月09日

再発について



最近また再発してしまいました。

とても重いのです・・・。

毎日の発作により視力の低下も著しく

電車に乗車しても周りを見ることもできなくなって・・・、・・・。




い、いや、失礼致しました。

ひげの持ち病である「読書症」のことでございます。汗

まるで乾いた砂にしみ込むスプーン一杯の幸せ(レモンちゃんではない:滝汗)。

注いでも注いでも、乾きは癒えません。

一度読んだ本を時間を隔ててもう一度、

そしてもう一度・・・。

更に記憶から消えたころにもう一度・・・。

前回読んだときには気が付かなかった発見を拾い、

もちろん忘れた部分に改めて頷いて、

集めてまた噛み締めて味わうのです。




読書はちょっとした時間に楽しめますし、

就寝前にも眠りを誘ってくれます・・・、

いやいや、本に選りますけれどね。笑


いずれにせよちょっと気になったタイトルの小さな本を

本屋さんでお手にとってみてくださいませ。

ひとかけらの新鮮な知識と、新しい世界に出会えるはずです。




前置きが長くなりました。

現在は深夜ですから、

疲れて寝てしまった方もいらっしゃるかもしれません。


さてさて、こちらの画像は最近「からっぽの木」の周辺に出没するカラスです。

このカラス、普通はカアーカァーと鳴くのですが、

なんと「アホゥッ!アホゥッ!!」と鳴くのです。ほんとですよ。

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/ahoo_00.jpg







よって無理やり(笑)二枚目の画像の左端、池波正太郎氏の著となる「あほうがらす」でございます。

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/ahoo_01.jpg







長々とお疲れさまでごじゃりました。深々
  


Posted by ひげ at 00:01Comments(4)からっぽの木

2008年05月08日

ささやかな夕暮れの時間について



「からっぽの木」の遥か上空を厚木方面に向かう

空自か米軍かは不明ですが「ハーキュリーズ」の愛称をもつ輸送機C-130Hが2機・・。

※ハーキュリーズとは、ギリシア神話に登場する英雄のヘラクレスの英語読み。

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20050506_C130H.jpg





一見懐かしく、美しいこんな夕暮れの景色にも

国家間や社会、地球環境の微妙なバランスが

私たちの意識しない深いところで働いていて、

日々欲している静かな時間や、穏やかで便利な生活も、

実はあやういバランスのようなものの上にあるのかもしれません。


もしそんな微妙な均衡の上に

これからの将来が成り立っているとしたらどうなのでしょうか・・・。

難しいことはわかりませんが、

そういう事柄にただ知らないと背を向け扉を閉じるよりも、

理解はできないまでも、心の片隅に留めておくことも、

時には必要なのかもしれません。



何故なら、こんなに美しい景色を深く味わうために

私たちは生きているのですから・・・。





http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20050506_B.jpg







http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20050506_C.jpg



★夕暮れの「からっぽの木」の画像は全て5月6日のものです。







  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)からっぽの木

2008年05月07日

麗らかな午後の休日



本日の「からっぽの木」は少し強めの風の吹く快晴。

GW最後の日はやっと雲のない青空でした。

その足元では先日来のベニシジミたちが羽を休めておりました。







ヒメヒラタアブの一種の飛翔。

大きさ8ミリ程度なので飛んでいるところの撮影は困難を極めます。

オートフォーカスではピントが間に合わないのでマニュアルでの撮影、

まずは練習ということで・・・。










こちらはガマズミの花から飛び立つコガネムシ科のハナムグリが小さく写ってます。

この甲虫の類は花の受粉に一役かっているそうです。






今日は気温の上昇とともに揚羽たちもいろいろな種類が飛び交いだしました。

「からっぽの木」の周りで見かけたのはナミアゲハ、

クロアゲハ、モンキアゲハにカラスアゲハ、

そして温暖化により生息域の北限が関東まで上がってきているナガサキアゲハ。

http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=1996

画像は飛翔するナガサキアゲハの雄のブレたカットです。笑






そうそう、「からっぽの木」を訪ねてもしも、

大きな木々の間から「シャカシャカシャカ」という

音のような声が聞こえてきましたら、

それはこの周辺に五匹ほど住んでおりますタイワンリスの声でございます。

本日は三匹が楽しそうに枝を渡り遊んでおりました。










そんな本日の「からっぽの木」の画像はこちらです。

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20050506_A.jpg






GWはもう終わってしまいました。

しっかりとお休みできた人や、仕事を引きずったひと。

それぞれに過ごした時間は違っているかもしれませんが、

今はこの春の芽吹きが次第に濃くなってゆく時期です。

これからの自身の「晴れた空」を・・・、静かに期待しましょう。




  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年05月06日

お気に入りの「からっぽの木」





四季を通じて彩りをみせてくれる「からっぽの木」。

ひげのHPの方でもまとめさせていただいております数あるカットの中から

格別の一枚をご紹介させていただきます。

http://fujihige.dyndns.org/2007/SHIMIZU/029.jpg

この丘の向こう、あの方角から吹いてくる「東風」は春の季語、

それは希望の風でもあるのです。

只々、それぞれが穏やかな毎日を送っていただきたいという・・・。













「Nous aimons cet arbre.」は仏語で「私たちは、この木を愛しています」の意。

※このブログをもうひとつ別窓で開きますと(計二つ開く)、
BGMが微妙に絡み合って深みのあるメロディになりますので
是非お試しくださいませ(この曲の場合のみですが・・)。



  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年05月05日

洋上の風に

昨日は葉山沖でのゆるい時間

傾きゆく太陽が「菜島の鳥居」や「江ノ島」、

「裕次郎灯台」などを望みながら潮風を浴び

ゆったりと釣り糸を垂れる時間を得ました。

いつも食事にゆく「プラージュスッド」や「マーロウ」、

「長者ヶ崎」を洋上から眺めながらの愉しい時間でした。

やはり海は格別のものがあります。

海の風や潮、景色が心の疲れを

ゆっくりと溶かしていってくれます。

釣果もまずまずのものでした。



GWも残りあと二日。

ゆっくりと味わいたいものですね。



























  


Posted by ひげ at 08:11Comments(2)湘南

2008年05月04日

いまカアシアの香る丘、「からっぽの木」




GWの土曜は雨の一日。

午後3時をだいぶ回ってから雨はやっと上がりました。


夕刻の「からっぽの木」の景色が気になり「Nikon D80」を手に・・・。

そこには素晴らしい夕景が広がっておりました。

撮影を終えて、「からっぽの木」の数十メートル隣にあります

ニセアカシアの木に目を移しますと白い花がたくさん咲き始めていました。

枝先をそっと手に取り、鼻に近づけると・・!?

なんと爽やかなで艶のある素晴らしい香りが!!

もしGWに「からっぽの木」にお出での時には

是非お勧めでございます、

枝を折らないようそっとご自身の鼻に近づけてください。

ハチミツにもなる自然の凝縮された香りにきっと驚くことでしょう。


そんな良い匂いに誘われたのか、

ニセアカシアの花の咲く枝に「ツマグロヒョウモン蝶」の羽化したばかりの雄が

羽を休めておりました。



<二枚目の画像はひげ本人、誰ぞ彼(たそがれ)どき・・。笑>









http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080503_a.jpg

















● ▼ ◆ ● ■ ▲ ● ▲ ■ ● ◆ ▼ ● 








【 ムクドリが 塒とするか 空ろの木 】 詠み人ひげ

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080503_001.jpg


  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木