2008年02月29日

力強き季節の「からっぽの木」。

しっかりと大地に根を張り立っている、遮るもののない突風が吹き抜けているこの丘の上で・・・。「からっぽの木」は大風(おおかぜ)の吹き付ける中でもしっかりと立っている・・・。
数年前に夏の大型台風が関東を直撃した時、両手で傘をしっかりとつかんでカッパを着て「からっぽの木」へ行ってみました。そこには物凄い風音と灰色の世界。周囲に雨風が巻いていて一瞬で傘を壊しました。周りには何かが沢山、目の前を凄い速さで飛び去って行き、ほぼ水平に風は雨を流していて、もし大きな看板などが飛んできて自分に当たったら・・・と、あんなに身の危険を感じた恐ろしい経験は初めてでした。

そして翌日、「からっぽの木」を見に行くと少し枝先を短くしながらも、いつものように平然と立っておりました。それはそれは存在感のある立ち姿で・・・・・。







近年は異常気象などといわれる過度な天候不順が増えております。
人の生活も同じですが、しっかりと根を張らないと周りの環境に打ち倒されて仕舞いかねません。「からっぽの木」からは、そんな無言の呟きが聞こえてくるようでした。

この冬には清水ヶ丘公園周辺には管理事務所の剪定が入ったので、その剪定で太陽光のあたるようになった玄関前の公園に隣接するスペースに蒔くためにバジル、ペパーミント、レモンバーム、ラベンター、タイムにハナビシソウ(花菱草)の種を今夜は求めてまいりました。画像の「からっぽの木」は2007年7月15日のものです。


明日はサントリーオールドを買ってこようかな・・・。
http://web-cache.stream.ne.jp/web/selector/suntory_viewer/user/wmt_b.html?cont=whisky/old/birthday&band=b&player=wmt

http://www.suntory.co.jp/whisky/old/img/yorugakuru.pdf


  


Posted by ひげ at 00:11Comments(0)からっぽの木

2008年02月28日

「からっぽの木」での幸せ探し

それは昨年の六月。「からっぽの木」の周りにはシロツメグサの群生。
「からっぽの木」の周りで今年も希望や幸福、愛情、健康を表す「四つ葉」を探してみましょう。
ひとつでも見つけることができたらきっと、良いことがありますよ。






  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年02月27日

ジェットストリーム、煌めく星座と「からっぽの木」

遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休める時、
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています。
満点の星をいただく、はてしない光の海を豊かに流れゆく風に心を開けば、
煌めく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂のなんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていった、はるかな地平線も瞼に浮かんでまいります。
日本航空があなたにお贈りする音楽の定期便、ジェットストリーム
皆様の夜間飛行のお供をいたしますパイロットは、私、城達也です・・・。

夜間飛行のジェット機の翼に点滅するランプは、遠ざかるにつれ、
次第に星のまたたきと区別がつかなくなります。
おおくりしておりますこの音楽も、美しくあなたの夢にとけ込んでいきますように・・・。
日本航空がおおくりした音楽の定期便、ジェットストリーム 、
夜間飛行のお供を致しましたパイロットは、私、城達也でした。
また明日午前零時にお会いしましょう・・・。

1967年から93年まで東京FM系列で午前0時からミスター・ロンリーの曲とともに
ラジオから流れていたあのナレーション。いま振り返るととても懐かしいですね。
深夜に一人、ラジオから流れてくる「世界」に身を震わせていたあの頃はもう帰ってはきませんけれど、
その記憶だけは今でも鮮明に覚えています。


http://jp.youtube.com/watch?v=mPA9Vqjk6P0





  


Posted by ひげ at 23:45Comments(0)からっぽの木

2008年02月26日

シリウスを借景とする「からっぽの木」

春を迎える前の冴え冴えとしたこの夜空。星達はやがて訪れる春への話題を静かに囁きあっているかのように瞬いておりました。(「からっぽの木」の右側の星は「おおいぬ座のシリウス」です。)
「東風吹くや 山一ぱいの 雲の影」と歌った漱石の東風はやや暖かな東の風だったようですが、二月も終わろうとする深夜の東風(こち)は冷え冷えと吹き上げていて私は風邪を頂かないようにわずか11カット(50秒のバルブ撮影)をやっと撮り終えると早々に引き上げて熱い風呂にその身体を沈めたのは言うまでもありません。ふぅ






●壁紙用の画像はこちらですのでご利用くださいませ。二枚目の「からっぽの木」の右上に一際大きく輝いている星はシリウス。その右上端にはオリオン座の下半分が写っております。
http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080225001.jpg
http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080225002.jpg

  


Posted by ひげ at 00:01Comments(2)からっぽの木

2008年02月25日

葉山マリーナ

葉山マリーナ前にあったお洒落なイタリアンレストラン「Frames」での昨年の6月の画像です。代官山のFramesの系列であったのですが、現在は前を通っても閉まっております。
ゲストハウスの庭にはプールがあってマリーナのヨットのマストに当たる風を音が聞こえる距離にあり、穏やかなプライベートの時間を味わうには最高のお店でした。特別にあげてもらった二階のテラスからはヨットハーバーから相模湾が一望でき夕景の時間はきっと最高のはず・・・。
























  


Posted by ひげ at 00:17Comments(0)オープンカー

2008年02月24日

解放される光

昨日の関東は「春一番」がふきましたね。愛車NewBeetleCabrioletの屋根を開けて横濱港や本牧界隈を散歩しましたが土埃が室内に降り注いでしまいました。今日は掃除をしないと・・。

さて、一枚目の画像はモンシロチョウの恋愛シーンです。二匹は目の高さくらいに絡み合いながら「自分達の春」を嬉しげに舞っておりました。
二枚目の画像は痩せたヒメジョオンの花にとまるキタテハ。キタテハは成虫で越冬しますがこの個体は春に羽化したもののようです。三枚目は解き放たれる光、「希望の季節」です。

画像は共に春というには遅い2007年5月27日に「からっぽの木」の近くで撮影したものです。

ひげはこの「からっぽの木」の周りの生き物も適宜撮影しております。今年に入りましてからはウグイスが薮の中で笹鳴きを繰り返していて、普段、気付かないだけでいろいろな生き物が身近で季節感を告げている・・・。
そんな小さな生き物達の営みに眼や耳を傾けることによっても生活の彩りがまたひとつ変わってくるのです。

















  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年02月22日

ちょっとした話題のクルマ・・・

悲しいことに昨今、クルマは単なる移動の手段であったり、仕事のツールであったり・・・。
そんな今、日本の技術の粋を尽くしたこのクルマが話題です。
「NISSAN GT-R」いわゆるR35というクルマです。通ぶって「R」と言います。
ポルシェやフェラーリと同等の性能を持ったこの素晴らしい日本車は世界の「クルマ地図」を塗り替えつつあります。
今宵はそんな集まりを横濱は大黒パーキングで取材撮影してまいりました。






■こちらはその画像レポートです。

http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/GTR20080222.html

第一回目の大黒パーキングはこちらです。
http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/GTR2008.html

関連記事はこちら。
http://www.gtr-world.net/meet/mixi-nissan-gtr-community-meeting.html
  


Posted by ひげ at 23:11Comments(3)横浜夜景

2008年02月21日

待受画像の「からっぽの木」

降るような光、湧き上がる雲。移ろう季節の「からっぽの木」。

四季折々の彩りを静かに纏いながら立っている「からっぽの木」は、生活や仕事の諸々の事柄に巻き込まれながらもしっかりと立っているべき人の姿にも似ております。

そんな共感を覚える「からっぽの木」をいま、自身への励ましの意味を含めて携帯の待受画面にしております。


ひげのブログにアップさせて頂いている数々の縦長の画像。これは携帯で読み込んで保存すれば待受画面に登録できるようトリミングされております。

もしお気に入りの画像がございましたらどうぞご自由にお取りくださいませ。これからも沢山の画像をアップさせて頂きますから・・・。










  


Posted by ひげ at 00:11Comments(0)からっぽの木

2008年02月20日

記憶に残るレストラン「イゾルデ」

お話は飛びますが、清里で知る人ぞ知る、静かに至福の時を味わえるフレンチ・レストラン「イゾルデ」のご紹介です。高原の涼やかな風がそよぐとても癒されるレストランで、お味も素晴らしいものがあります。でもオフシャルHPはありません。一部の「遊び人(あそびびと)たち」には有名なお店です。もしこの地を旅行することがありましたら、ご参考になさってくださいませ。尚、予約は必要でございます。
今の季節は雪に包まれて休店しております。八ヶ岳・小淵沢・清里方面に夏季に行かれる方にはひげのお勧めのお店でございます。






















●個人などのHPでご紹介されているサイトはこちらです。

http://www.kiyosatokougen.jp/izorude.htm



  


2008年02月19日

雲湧く「からっぽの木」

再び一昨日、2008年2月17日の画像です。
この公園界隈は木々や土面の露出が多いので頭上に湧き上がるような薄雲がよく見られます。井土ヶ谷という名称から連想できるように水が豊富で坂の途中にもかかわらず湧き水も多いのです。このお話は後日触れさせていただきますが、保土ヶ谷駅から「からっぽの木」に登る途中には北条政子が化粧に使ったとされる井戸が残されております。
http://www.city.yokohama.jp/me/hodogaya/midokoro/rekisi/gosyodai.html
http://www.welcome.city.yokohama.jp/tourism/mame/b1020.html

また数キロの距離に横濱港だけでなく本牧や八幡橋方面の海も近く、風の巻いて吹くことが多いのです。
よって「からっぽの木」の周辺の空にも四季折々の雲の姿を観る機会が多いと思います。
吹き上げられたような雲の後ろの青空に旅客機が数多く認められるその透明感のある空。そんな奥行きのある空をバックに「からっぽの木」はしっかりと立っているのです。





  


Posted by ひげ at 00:37Comments(0)からっぽの木

2008年02月18日

移ろい「からっぽの木」

空の様子、浮かぶ雲がいままでとは変わってまいりました。冬から春に季節が移りゆくその姿が現れだしています。
一枚目の「からっぽの木」の隣に立つのはひげこと私本人です。笑
二枚目はいつの間にか掘られた「穴」の画像。深さ20センチ近く掘られてしまった穴からは土砂がどんどん流れ出してしまいます。誰が掘ったのかわかりませんがこういうことはしないで欲しいですね。
三枚目は青空と白い雲をバックにした「からっぽの木」の枝のシルエットです。四枚目はニセアカシアたちが午後の影を長く「からっぽの木」へ伸ばしているシーン。いずれのカットも本日の午後4時半くらいのものです。

















  


Posted by ひげ at 01:11Comments(2)からっぽの木

2008年02月17日

「からっぽの木」麗らかな陽射しの頃

そよぐ風、麗らかな陽射しの頃を過ぎた「からっぽの木」。
二月も半ばを過ぎて季節はゆっくりと暖かい季節に向かい、やがては半袖で丁度良い季節になるでしょう。

もうこの寒い季節とお別れです。画像は2004年7月11日













  


Posted by ひげ at 00:07Comments(0)からっぽの木

2008年02月16日

横濱を遊ぼう(その2・・みたいな・・)

漆黒の時へ向かう横濱。縁取られた夜空に浮かび上がる光と生立ちを形どる幻影。
暮れていく空を見上げて歩くたびに色々な顔をみせてくれるこの港横濱の景色。そんな七十カット近い数々のスチールを集めたオリジナルのスライド・ショーです。尚、画像は適宜、追加更新中です。こんな夜にはどうぞご一緒に横濱の深い夜を浮遊いたしましょう。


『貴方はまだ本当の横濱を知らない』

http://fujihige.dyndns.org/Site0048/index.html














  


Posted by ひげ at 00:11Comments(0)横浜夜景

2008年02月15日

ううむっ・・・

先日来、カメラの調子が変で騙し騙し使っていたのですが、やはり点検に出さないとダメなようです。
先ほどから「からっぽの木」でバルブ撮影していたのですが、レリーズシャッターが落ちません。
週末に点検・修理に持って行きたいと思います。
早く直るといいなぁ。

画像は2006年10月4日です。



  


Posted by ひげ at 01:03Comments(0)からっぽの木

2008年02月14日

昔・・諸々ありき・・・・・

「からっぽの木」の北東。最寄駅のひとつ京浜急行の南太田駅から「からっぽの木」に来る途中に小さな神社があります。
新年を迎える大晦日には雪洞が点り、とても素朴で小さな境内にお参りする人たちが列をなします。
その杉山神社の西側に戦時中、米国のB29が墜落したと、昔母親に聞いた記憶を頼りに探してみましたら1945年4月15日に川崎方面に爆撃に向かう途中に墜落したとの記録がありました。
横浜大空襲によって私の家族・親類を含めて人口の3分の1の31万人が被災したのは翌月の29日だったそうです。もう半世紀以上前のことです。

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/B29-42-93962.html

横濱という街は数々の深い歴史の上に現在の人たちが生活しております。
過去を知るか知らないかは別として、ふっとした時に自分の生活の場所の謂われや歴史を紐解いてみることもひとつの選択肢として考えてみるべきことかもしれません。いま、穏やかで幸せな時間を希望するならば・・・。

http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/yokohamadaikuusyuu.htm




  


Posted by ひげ at 04:07Comments(2)からっぽの木

2008年02月13日

幾つかのシルエットの「からっぽの木」

休日の夕暮れ時。太陽は地平にその姿を隠しつつあるこの時間帯。「からっぽの木」には幾つものシルエットが集まってまいります。そう、何の約束もなく「からっぽの木」の周りに・・・。

空を見上げることの少なくなった現代にも、こんな時間がゆるやかに流れている場所がある。照度を落としていく澄んだ空のグラデーションを見つめると、言葉は必要ない懐かしい安堵感に包まれてくるのです。
















■大きな画像はこちらです。原寸で壁紙に使うと良い感じでございます。

http://fujihige.dyndns.org//2008NEW/20080211.jpg
http://fujihige.dyndns.org//2008NEW/200802111.jpg  


Posted by ひげ at 00:07Comments(0)からっぽの木

2008年02月12日

ある午後の「からっぽの木」

三年前のある春の日、午後の陽射しを斜めに受けて「からっぽの木」の前にとても可愛らしい小さな女の子がおりました。お父さんは大きな犬さんを連れており、きっと暖かな休日のお散歩に来たのでしょう。

春の芽吹きの「からっぽの木」も下草たちも、芽吹きの淡い緑の葉は、傾いた陽射しで橙色を加えております。風のない穏やかな午後のひとときでした。

画像は2005年4月16日のものです。












  


Posted by ひげ at 00:02Comments(0)からっぽの木

2008年02月11日

南伊豆の隠れ家「BY_THE_SEA」

ということであまりの寒さに、常夏の暑さに思いを馳せてこちらの画像は「からっぽの木」から一気に南へ飛びまして、南伊豆の「BY THE SEA」という知る人ぞ知る、隠れ家的なビーチハウスのカットです。
予約には紹介が必要ですが、目の前に広がる蒼い太平洋と白砂のビーチ。究極の息抜きが約束されます。







































  


Posted by ひげ at 00:11Comments(2)オープンカー

2008年02月10日

「からっぽの木」、柔らかい丘

いまはまだ冬色に染まったこの「からっぽの木」の立つこの丘も、やがては芝や草たちが生え・伸びて、年に数回の草刈の季節がやってくる。その上を子供達は走り転げまわるそんな季節が、いまは恋しい二月の休日です。
今年に入って文庫本の小説も早や十七冊目を読破して、あの暖かい季節をひたすら待っているのです。

画像は2005年8月13日のもの。丘は緑に包まれておりました。










  


Posted by ひげ at 00:07Comments(0)からっぽの木

2008年02月09日

アプローチ、春へ

今朝の「からっぽの木」。霜柱をサクサクと踏んでの散歩。
枝にとまったメジロたちが港の船の霧笛に驚いて飛び立ち、先日のセイヨウタンポポは雪にやられて葉のみ残して芝地に伏していた。
春遠からじ・・・、しかしまだ冬そのもの。待つ時間が長いからこそ有り難味も深い。
そして何気ない景色にも味わいを見つけることのできる心の幅を持とう。

今日の「からっぽの木」は午後からまた雪の予報です。













  


Posted by ひげ at 08:11Comments(0)からっぽの木

2008年02月08日

藍白

初春の雪。蒼き空にかかる白。光に煌めき心躍る。
この春に希望する瞬間。



  


Posted by ひげ at 00:17Comments(0)からっぽの木

2008年02月07日

横濱の古い地図

こちらに「からっぽの木」のあります清水ヶ丘公園周辺を含む古い横濱の地図があります。

昭和7年と昭和25年のものです。まだ清水ヶ丘公園はありません。当時はこの辺りは森林だったようですね。

「36南太田」の(昭和7)・(昭和25)それぞれ高解像度で見ることができますが、土地カンがないと分かりづらいでしょう(横浜開港資料館資料)。
同じ枠内の「Google Earth」では多少時間が掛かるかもしれませんが、自動的に同じ古地図が現在の場所に貼られており、二箇所のカメラマークをクリックしますと現在の「からっぽの木」の画像も見れます。

http://www.city.yokohama.jp/me/machi/kikaku/cityplan/gis/3000map.html#index



  


Posted by ひげ at 07:21Comments(2)からっぽの木

2008年02月06日

続:雪景色に包まれる「からっぽの木」

先日の「からっぽの木」の雪景色。三回に分けて撮影したカットは約390画像ですのでまだまだございます。
この二枚の画像も「木の周りの物語」があるように思えるカットです。もちろん私の撮影の腕なんかではなく、「からっぽの木」自身の持っているその情感溢れる雰囲気が周辺を包んでいるカットでございます。









横濱は普段の顔とは別に、いろいろな季節・時間帯・場所でまったく違う顔を観せてくれます。それが横濱の生立ちであり、歴史の深さだと思います。

このブログでは「からっぽの木」に定点を置いた四季折々の景色と、横濱の深い味わいとその周辺をこれから続々と書き・描き記して行きたいと思っております。




  

Posted by ひげ at 00:07Comments(0)からっぽの木

2008年02月05日

残雪の「からっぽの木」

もう今夜の気温は氷点下になっているでしょう。吹き上げる風は凍てついて三脚に手の指が付いてしまいそうでしたからきっと・・・。でも雲間から一瞬の空が覗き、寒さを我慢して撮影している私に星がウインクしてくれました。凍てつく冷えを忘れた一瞬でした。でもそれはわずかな時間で雲はまた流れ来てすぐにそれを隠してしまいました。

残雪の「からっぽの木」。画像には写っていませんが脇には昼間遊んだソリの痕が雪上に刻まれておりました。この景色もおそらく数年に一回のことでしょう。撮影はD80でバルブの50秒、よって雲は遠く輪郭を淡くしております。











●特別に大きな画像も用意してみました。
http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/20080204.jpg
http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/200802044.jpg
http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/2008020444.jpg

  

Posted by ひげ at 00:01Comments(4)からっぽの木

2008年02月04日

ブルーグレー・ラヴ

ブルーグレーに暮れていく私の一番好きな時間。幼い頃、父親の故郷に帰るときに車窓から観えたあの空気感。流れる景色、雪原に点在する家々が田畑と防風林の中に隠れるようにおかれている。そんな夕闇は蒼く蒼く暮れてゆきました。時折わずかに小さく橙色が目に映るのは夕餉の灯かりでしょうか・・・。大自然という中での人の営みの小ささ・か弱さが子供心に深い心象を刻んだあの頃・・・。

明るく・派手で目立つことに拘り過ぎるこの時代。この週末に空から降りてきた雪たちは素朴で懐かしいヴェールで人の欲を覆い隠して、昔は誰でもが身近に見つめていたこんな柔らかい景色を再現してくれました。そしてとても心が癒される夕暮れを「からっぽの木」の景色に得ることができたのです。
2008.2.3夕刻








  


Posted by ひげ at 00:03Comments(0)からっぽの木

2008年02月03日

雪景色に包まれる「からっぽの木」

今朝の「からっぽの木」は一面の雪景色。そして空からはまだまだ雪が降りてきています。これから更に積もることは間違いありません。「からっぽの木」に来るどの坂道も既に滑って危険ですからクルマは通っておりません。徒歩でも坂は滑り転びますのでこれから「からっぽの木」にお出での方はお気を付けてくださいませ。私も先ほど二度、派手に転びました。

静かに音もなく降り積もる雪、全てのものを純白のヴェールで覆い尽くしております。そんな景色は「黒白」の世界、静寂が「からっぽの木」を包んでおります。画像は全て朝7時半頃のもので遠景は降る雪で薄くかすれ気味です。























足跡もまだまばらなこの小さな雪原。降る雪が風に運ばれて溜まるせいでしょうか、朝の時点で積雪は7センチ程度です。風も強さを増してまいりました。昨日のセイヨウタンポポも凍えていることでしょう。
  


Posted by ひげ at 08:31Comments(8)からっぽの木

2008年02月03日

セイヨウタンポポの囁き

寒い・・、冷え込みの強い毎日ですね。襟元から進入してくる寒風に思わずマフラーをしめ直します。まだ二月に入ったばかりの「からっぽの木」の土手には枯れ芝の中にセイヨウタンポポが二つ咲いていました。冷たい風の駆け上がる深夜にはその寒さに震えているのかもしれません。春をじっと寡黙に待ちながら・・・。




そんな冷たい風の吹く土曜日の午後、空には薄い雲がかかり、太陽は薄っすらとしかその姿を見せませんでした。でも、「からっぽの木」には広がる景色と清涼感、ひとときの癒しを求める人たちが後を絶ちません。遠く海の方角に見えるエントツからは煙が北から南になびいている午後でした。





「からっぽの木」の体育館側の花壇の周りを野球少年たちがランニングをくり返しておりました。そして「からっぽの木」の傍らにも人の姿が・・・。日曜にはまた湿った雪・みぞれの予報が出ているようです。





  


Posted by ひげ at 00:01Comments(0)からっぽの木

2008年02月02日

アカシアの枝を手渡して・・・








この場所をご存知の方はもうお分かりかと思います。そう「からっぽの木」のすぐ脇にある石椅子の場所。野球少年のお兄ちゃんが弟に隣に生えているニセアカシアの枝を手渡してしました。ニセアカシアの花蜜はミツバチたちが集めて蜂蜜となるだけでなく、西田佐知子の『アカシアの雨がやむとき』や石原裕次郎の『赤いハンカチ』やなどニセアカシアを歌ったものであるといわれております。





この石椅子周辺も改装されましたが、ゆずのPV「からっぽ」にも出ております。後ろの白い建物が私の・・・、・・・。






上から三枚の画像は2004年7月11日のものです。  


Posted by ひげ at 16:01Comments(2)からっぽの木

2008年02月01日

「からっぽの木」、その柔らかく穏やかな時・・・

彼は、寂しかったのかもしれない・・・・・。

いや、この夕暮れに心揺れて、思わず遠く声にしてしまったのかもしれません。

この地平線に沈む夕陽に・・・、橙(だいだい)色に照度を落としていく空に、そして柔らかく穏やかな風に・・・。

三枚の「からっぽの木」での夕景は、2004年11月27日の画像です。
辿る思いも、目に映る遥かな地平も、夕暮れは全てを刻々と包み隠してゆきます。
その夜に消えていく闇はそこに立つ人たちの姿をもかき消して、今日という一日が明日に向かうのです。


でも、君は私に向かって吠えたのではないよね。
今度この「からっぽの木」の下で会った時に、そう言ってくださいね。


早や今年も二月の声を聞いて、春はすぐそこまでに近づけり・・・・・。














  

Posted by ひげ at 00:07Comments(0)からっぽの木