2014年01月29日

「妖怪アパートの幽雅な日常」















先日、香月日輪という作家さんの書いた本を一冊手に入れて



その薄い本が思いのほか面白かったので



早々に同じ作家さんの「妖怪アパートの幽雅な日常」というタイトルシリーズを



現在刊行されている9冊まとめて、書店にオーダーしました。



で、昨日受け取りに行きますと・・・、・・・、



第一巻だけオーダー漏れしていました・・・。涙



いっそのこと第一巻分はネットであらすじを読み取り



第二巻目から読んでしまおうかと、



いろいろ迷ったのですが、



ここはやはり第一巻が来るまで待ちましょう。






最近の「気分」として、



「待つこと」を極力なくす仕組みが多いこの社会。



効率良く、無駄な時間をうまく省くことが重要な事となっていて、



我々は、レジや販売機だけでなく何事におきましても



「待たされる」ということに対して



すぐに不快感・不愉快感を抱いてしまうよう



知らないうちに心へ負の教育がされています。



これって、キレやすい人を増やしている



そんな原因のひとつと言ってよいでしょうね。



でも、知らなければ待てるけれど、



知ってしまったら待ち辛いとかありますから



理由によっては、なお辛い・・・。笑







しかし、待つという行為は果たして



それほど無意味なものなのでしょうか・・。



いやいや、そんなことはないはずです。



余裕なく待つことは確かにキツイですが、



もしいろいろな余裕を持ち合わせていた場合の待つという行為は、



心に新たな「考える時間」を与えてくれます。



そしてそこから「何かが生まれる」ことも多々あるのです。







たとえば、見落としていた重要な何かを発見したり、



理解していなかったり誤解していた



相手の気持ちがわかったり・・・、



でも、一番大切なのは待っている対象に対しての精度が上がり



思い違いや見落とし、そして解釈の間違いが



好転するということかもしれません。






私の若い頃の失敗は、大方こんな



待つことを嫌った「早とちり」から来ていました。



今はね、その反省から待つことに遭遇した場合は、



これは、今はそういうタイミングが必要なんだと思うようにしています。



そう、極力努力してね・・・・。笑









あぁ、でも第一巻、早く来ないかなぁ・・・・。ボソ





なんて言っていたら本日ゲット!! 笑


 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
  

Posted by ひげ at 20:29Comments(2)書籍

2009年01月05日

「そのときは彼によろしく」



主人公の智史はいつも心に、

ふりかえる「ある思い」を抱えていた。

それは彼が13才の頃の心に秘めた思い。



三十歳となった時にもずっと

それは彼の心にいつも寄り添い、

ある瞬間に何かをきっかけとして

蘇ってくる純粋な痛みにも似た思い。



彼のお店、

アクアプランツ・ショップ「トラッシュ」にある深夜、

突然現れた見知らぬ女性・・・。

「ぼくは彼女を知っている。」・・・・・、

それをきっかけとして深き場所で震えはじめる心。



懐かしい時間と現実と距離の中、

家族と友の絆に支えられ、

優しさと愛、そして深い思いが奏でる悲しくも優しい旋律。



無常に時は流れても、

その思いに奇跡は起きるのか・・・。

柔らかく繊細に、そして純粋に作者が綴った宝珠の作品。












このお正月に八回目を読み返したこの一冊。

市川拓司氏の『そのときは彼によろしく』。

映画とは違ってより深く儚く

それぞれの心情を描き出している原作、

この書籍はお勧めです。




http://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AF%E5%BD%BC%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%8F-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B8%82%E5%B7%9D-%E6%8B%93%E5%8F%B8/dp/4094081607



 



『青空色のアクアプランツ』

画像はまるで水槽の「蒼」の中に育つ水草のようにみえる「こぶし」の春芽。
清水ヶ丘公園多目的広場の入り口の木です。
本の装丁にも使えそうですね・・・。笑





http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/A20090103_001.jpg


 
 
 
 
 

 
 




そしてこの公園のゆるい斜面。そこにはもう「春の気配」が密やかに・・・。






  


Posted by ひげ at 00:01Comments(3)書籍