2008年12月29日

「Hieronymus Bosch」という世界。




先日のブログからの続きです。

以前から心の端に存在して・・・、
というより「引っかかっていた」という表現の方が適切かもしれません。

生涯が1450-1516という、レオナルド・ダ・ヴィンチと同じ時代を生きた
「Hieronymus Bosch(ヒエロニムス・ボス)」という画家、
その作品である絵画は「特異な個性の登場人物(あやかし)」に満ちていて、
観るものの心の深い部分に「ある種の傷」を記憶付けます。

それは宗教画の形をとりながらも「幻想性」であるとか
「怪異的」・「悪魔的」であるとか、
その異端であることを筆にのせて
「何かを描き表わそう」としているかのようにも観てとれます。

資料によれば作品数が少なく、
後の世に他の人たちにより「筆」を加えられたりして
どこまでがオリジナルなのかの論争もいまだ続いているとの様子。


何れにせよ、その絵画に現れ来る「特異なキャラクター達」が
オランダ製陶器のフィギアとなって手元に置けるということは、
とてもありがたいことであって、
ペシミズムな画家といわれたヒエロニムス・ボスの評価はさて置き、
澁澤龍彦のプリズムにもおそらくは映っていたのではないかと
あれこれ思ったりして、
この年末のわずかな時間をワイン片手に浮遊する午後でなのです。


画像はヒエロニムス・ボスの絵画、『聖アントニウスの誘惑』にでてくる
キャラクターのひとつ「BIRD WITH LETTER」、
横浜美術館で購入した「ひとつの世界」です。
撮影場所はひげの例のプライベートBAR。後ろに暗く写っているのは、
横濱クイーンズのロイズ・アンティークスで購入した
1930年代のサイドバイサイド。






http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/hieronymus_bosch.jpg
 
 
 


○『聖アントニウスの誘惑』(左下にBIRD WITH LETTERがいます)



http://fujihige.dyndns.org/2008NEW/BoschA.jpg


http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Hieronymus_Bosch?uselang=ja 

 
 
 

○ロイズ・アンティークス
http://www.lloyds-antiques.com/archives/c_020_goods/g_110_sidebyside/

 
 


 
  


Posted by ひげ at 12:45Comments(2)ヒエロニムス・ボス