2013年12月28日

この年を僅かにして・・・。

















あと数日で本年が去ろうとしています。


今年もいろいろなことがありました。





いつものお顔、いつもの場所でお会いした人たち。


いつかお会いいたしましょうと約束したにも関わらず


今年もお会いすることが叶わなかった方たち。


また、少し離れた場所から、


いつもこの拙い私のブログをお読みくださっている皆様・・・。


そして、私よりひと足先にこの世界から去ってしまった友人たち。





いくつもの偶然が重なり


幾つかの必然に導かれて


ワン・ウェイか相互通行かは別として、


この一年、私とふれあって下さってた全ての方たちに、


いままでの感謝と新しい年への希望を込めさせていただきまして


新しい年が良き年でありますよう


心から祈らせていただきます。






私を含めて今年、幾つかの壁に立ち止まることがあった方々。


複数の問題を携えながらなんとかここまで歩いて来られた人たち。


「今年も良いことなんて何も無かった・・」という思いを胸に、


いまも頑張っている人たち。


巷では、勝ち組だとか、なんだとか、


良い思いをしている人の話題ばかりが目に付きます昨今ではありますが、


案外と人は同じ悩みを抱え、


彼らも似たような事に見えないところで涙しているものです。





あまり分相応でないものをあえて望まず、


自分の手のひらに乗る程度の事にも幸せを見いだして、


気持ちをニュートラルに保つときに、


心穏やかな時間が向こうからやって来てくれるはず・・・。





誰もが空から落ちてくる雨粒を数えることはないけれど、


残された今年の、ほんのわずかな「ひとしずくな時間」。


まあ、難しいことはこの際に考えずに、


穏やかで暖かな時間を過ごしましょう。


そう、暖かなお風呂で手足を伸ばすように・・・。






今年も皆様にはいろいろとお世話になりました。


ささやかではありますが、こんな私のメーセージが


皆様の心に届きますように・・・。






 
 
 
 
  

Posted by ひげ at 14:01Comments(8)邂逅

2010年06月29日

あの頃の・・・











人はそれぞれ、

自分が生きてきただけの過去があります。


辛い過去や、若い時代の曖昧で定まらない立場。

そして思い返せば、

自分なりに輝いていたであろうあの頃・・・。


その瞬間ごとに、心に刻まれた数々の記憶。

心許した友人や当時「Steady」だった人、

そして、いつも身近にいた大切な家族・・・。


月日は流れ、時間は遙か彼方に・・。

その多くは、今はもう遠く飛び去ってしまったかもしれませんが、

その記憶と経験は、

今もなお、自身の心の、

『何かの拠り所・・』として

身体と心のとても深い場所に

大切にしまわれているのかもしれません。




そして今、この現在も、

時間を隔てて振り返れば、

おなじような『邂逅』に包まれる

そんな「大切な瞬間」なのかもしれません。















画像は1979年頃の「逗子マリーナ」の某部屋の南側のバルコニー。
このイー感じの男性はひげの悪友のヨシラ氏。
トニー鯨山氏のお父上の関係でひげたちは泊り遊んでいた頃の画像です。
マリーナのパームツリーがまだこんなに小さい時代です





 
 
 
 













 
 
 
  


Posted by ひげ at 22:56Comments(0)邂逅