2014年09月19日

「ガーリックシュリンプ」







「ガーリックシュリンプ」ですよ。笑






みなさま、お元気ですか?


秋の週末ですね。


ご体調は如何ですか??


わたしはボチボチ・・です。







さて、先日、いつもの居酒屋さんでオーダーする


バナメイエビの「ガーリックシュリンプ」を作ってみました。


バナメイエビは、クルマエビ科に属するエビの一種で、


東南アジアで広く養殖されており


日本には冷凍物として入ってきます。


国内産の車海老や芝海老に比べて


バナメイエビはとても安いのですが(半額以下)、


ひと手間を加えることによって格段に美味しくなります。


まるでお店で食べるのと同じような「お味」を堪能できます。


バナメイエビを国産の芝海老と偽って出していた店もあったほど


このエビは美味しいです。







尚、余談ですが「剥きエビ」はこの料理に向いていません。


小型のエビの適度な厚みの殻や尾の


パリパリとした食感がポイントです。


つまり「殻や尾」の火の通った香りが料理の味と食感を左右します。


そして剥きエビの中で火を通すと小さくなってしまうものは、


ある成分を入れて大きく増量しているのでご注意ください。







あと、料理はどうしても自分が作ったもの、


レシピ通りに作ったものを「肯定しがち」ですが、


自分と他の人の「舌」両方が「美味しい」と感じることが


最終目的だと思います。


どれだけ手間が掛かったか・・とか、


逆に掛からなかったか・・などは


「食べる人」にとっては、あまり関係ありません。


一方で厳密に書けば、同じ料理の味でも


その日の食べる人の体調によって味の印象は大きく変わります。


基本を踏まえた上で、自分たちの「舌」と「季節」や「体調」に合せて


「味付けの振り幅」を広げてゆけば良いと思います。


レシピ通りに作っても「いまいち」と感じたら


上記のことを思い出してください。


そういう「気遣い」を積み重ねることによって


料理も仕事も趣味も、深いところに入ってゆくことができ


自分の「本当の自信」にも繋がってゆくのだと思います。


そして、それは単なる知識ではなく「その人独自の実力」なのです。


「身に付く」とはそういうことです。






また、それに気が付いてくると


一流の料理人が何故、あんなに食材の産地や鮮度、


とれた土壌などに拘るかがわかってきます。


出来るだけ調味料を「控え目」にして、


食材「本来の味」を引き立たせることにより


「季節そのものを料理」するのです。


単に味の統一ということだけでなく


濃い味で食材の優劣を隠しているお店に


大規模展開のお店が多いのも頷けます。








一方で人は自分が購入したクルマやカメラ・趣味などの「所有物」を


「自分が選んだのだから・・」と、


必要・実際以上に「肯定(援護・評価)」しがちですから、


料理もそれに該当しないはずがありません。


万一、作った料理が想像と違っていたとしたら


ここは「素直に」間違ってしまったポイントを見つけて


次回の料理に生かす気持ちが大切です。


ハイ、わたしも時々・・いやいや、毎回そうしています。笑








レシピは以下の方法で作ってみました♪♪


--------------------------------------------------------------


【 二人前 】


1.バナメイエビ(冷凍・解凍)  10~14匹

2.ニンニク          ひとかけら

3.ワケギ(長葱でも可)、またはパセリ 少量

4.オリーブオイル       大さじ 2

5.塩・コショウ        適量

6.バター(使わなくても良い)  適量



そんだけです。

男の料理はお金を掛ける・・・、

そんなことでは毎回たいへんです。

「手間を掛けても、お金は掛けない」が正解です。


--------------------------------------------------------------



1.解凍された無頭海老の背のセンターに
 包丁を身体と平行に入れてから「背ワタ」を指で取り除きます。
 このとき、包丁は海老の半分程度まで入れます。←ここ仕上りのポイント
 なお、殻と尾はそのまま身に付けたままです。
 (指先の背ワタはキッチンペーパーに乗せると指離れし易いですし、
  串や楊枝で取っても良いです。)
※この作業が終われば、もう半分済んだようなものです。


2.海老はビニール袋に入れてから塩・コショウをお好みで振り掛け
 袋ごと良くもんでから冷蔵庫に入れて寝かせます。
 (この段階で下のニンニクを混ぜても良いです。)


3.ニンニクをひとかけら擂り(チューブでも可)、
 ワケギかパセリを少量、微塵に刻みます。


4.フライパンにオリープオイルを大さじ2程度引いてから海老を入れ、
 擂ったニンニクを海老と混ぜながら火を点けます。
 強火で海老の全体を「ひっくり返しながら」一気に炒めます。
 このときの「火の通し加減」がポイント、
 弱火で長いと水分が出てサクサクしません。
 火が通った海老から香ばしい匂いがしだしたらお皿に盛り付けます。


5.ワケギかパセリ、そして最後にレモン汁を適宜振り掛けます。
 余熱で火が通りきれば出来上がりです。
 炒めの仕上げに少量のバターを入れても香りが良いです。


エビの前処理以外は、手間も掛かりません。
あとは料理中の火加減に気をつかうだけです。


--------------------------------------------------------------




背側に包丁を入れた海老は見た目にもボリュウムが出て


食感も良くとても美味しいです。


今回使ったバナメイエビは小型のものが12匹。


100円引きで売られていたので実質183円ほどの価格でした。


あとは、ご家庭にある材料で十分ですから、


一人前で約100円と、呑み屋の「つきだし」よりもお安い・・。笑


同時に生姜を擂って作った「厚揚げ」も美味しかったですよ。


また、作ろうっと!!








「厚揚げ」は、とても、とっても美味しいのです。ウルウル





  

Posted by ひげ at 19:34Comments(0)料理

2014年09月14日

「今半 割下」。








こちらも「まかない」なので適当に盛ってます。汗





わたしの料理の「隠し味」ならぬ、


基本の味の基準となる「今半 割下」。


これは「すき焼き用」の割下ですが、


これを利用して簡単に一品作ります。


---------------------------------

二人前程度

豚ばら肉 250g
絹ごし豆腐 1丁
椎茸 2~3個
長ネギ(緑部分も使います) 1本
シラタキ 1袋

砂糖 大さじ1
お塩 一つまみ
タカの爪 輪切り数個

今半 割下 ビンの1/3~1/4
水   コップ 2~4杯(適宜)


---------------------------------


1.お鍋にほぐした豚ばら肉、
 ひとつを四等分に厚切りした椎茸、
 塊のシラタキを包丁で三等分に短くしたものを
 入れて、水を加えてから火を強火で沸騰させ、
 灰汁を取ります。

2.灰汁がほとんど出なくなったら
 絹ごし豆腐を大きめに切りいれ
 砂糖・お塩・タカの爪を入れて
 「今半の割下」を加えます。

3.後はこがさないように中火→弱火で
 コトコト煮ます。
 最後に斜め切りした長ネギを入れ
 ネギがしんなりしたら火を止めて
 鍋蓋をしてから少しだけ冷まします。
 この冷める時にうま味を食材が吸い
 砂糖の薄い甘みがコクとなります。
 あとは器に盛ってください。

4.食べるときに「溶いた生たまご」につけて食べても
 まろやかで美味しいですよ。








■今半 割下
http://www.imahan.com/gift_shop/items02.php?id=20002



簡単に誰でもできる割に美味しい。

すき焼きに牛肉を使用するよりも

あっさりとした食欲の秋向きの一品です。笑

彩りを添えるなら、筋を取った絹さやを

一番最後に入れても良いし、

ピューラーで薄く削いだ牛蒡を

灰汁取り前に入れても美味しいです。


また、同 割下を使って

「煮魚」や「鶏肉の甘露煮」など、

いろいろと応用ができます。

是非、失敗がないので一度試してください。















  

Posted by ひげ at 08:50Comments(0)料理

2014年03月14日

「今夜は独活」です。





















今夜は独活(うど)の煮びたし。



わたくし風の簡単レシピで「春」を味わいます。



出汁なんかは「茅乃舎」の焼きあご入りの出汁を主にして、



お塩・醤油だけで浅く火を通します。



そうして、お気に入りの器のひとつに



そっと盛り付ければ・・・・ほら







厄介なことも、



面倒なことも、



そして、諸々の理不尽なことも努め忘れて、



週末の愉しい「季節の舌鼓」を



「ほっ」と、味わえますょ。笑






「幸せ」の基準は、毎日の何気ない時間。



小さくささやかな事柄への満足感。



その積み重ねが心を穏やかにして



当然来るであろうストレスや悩みを軽減してくれるのです。







そういう気分で



季節を味わい、



今このときを味わうということ。



そんな愉しみは人生の時々の妙薬でもあるのです。






「茅乃舎」
http://www.k-shop.co.jp/products/dashi/?utm_source=yahoo_SHIMEI&utm_medium=cpc&utm_campaign=SHIMEI

 
 
 






むふふっ・・・



 
  

 
 
  
 
 









  

Posted by ひげ at 21:05Comments(2)料理

2014年03月11日

「ハヤシもあるでよ」・・・





「ハヤシもあるでよ」






の、「ハヤシもあるでよ」ってCF、


知っている人、いますか??


たぶん、結構古いコマーシャルですから、


ご存知ない人の方が多いでしょうね。




あ、それはそれとして


このところ、私は・・、


あの懐かしく


口当たりの良い


「ハヤシライス」にゾッコンです。ハイ♪





私のカリーも、かなか好評なのですが、


最近作る「ハヤシライス」は、


もうねっ!!!


「そう来るのかよっ!!」と、言うくらい


それは懐かしく甘くて・・・、


それこそ「犯罪を犯したくなるほど」美味しいものなのですょ。ニヤリ





っと、市販のハヤシのルーは二種類合わせて


あとは玉葱とアメリカンビーフ(和牛よりこの方が良いです)、


あ、気が向いたらブラウンマッシュルームを適宜追加。


それだけ、たったそれだけです。




近頃、考えすぎたカリーよりも、


素朴に懐かしく、


そして、しっかりとした「ハヤシライス」。


あぁ、今夜も美味しいなぁ・・・・♪♪♪




あ、ちなみにルーですが、


私はS&B「DINNER HAYASI」と


ハウス「完熟トマトのハヤシライスソース」を、


7対3くらいの割合で合わせます。




カレーを作るよりも簡単でムフフですから、


この週末にでもお試しくださいませっ。笑






ハヤシライス



ふ っ ふ っ ふ っ ・ ・ ・





 












もうね、「しゃり」も立っているし、これは美味しいですよぉ。

 
 



ひっく


 
 
 
 
  

Posted by ひげ at 20:37Comments(0)料理

2014年01月21日

すまない・・・







今夜は、北海道でとれた


新鮮な「ナメタガレイ」を軽く煮付けて


長崎産の鯵と共に舌鼓です。





新鮮な食材は何よりものご馳走、


生でも食せる鮮魚を煮るには


ササッと煮付けて大葉を添えれば


それだけで「割烹な一品」です。




新年を迎えた北海道物は


身が最高に美味しいと言われるナメタガレイ。


美味しいものを少しだけ頂くことが、


その有難さを同時に噛み締めて


味わう至福にも繋がるのです。






















う、うわっ、


・・・、す、すまない・・、・・・。


下の画像とのギャップ・・、・・・あ・・り・・すぎ・・・、・・か・・な・・










 
 
 

  
  
タグ :料理


Posted by ひげ at 20:31Comments(0)料理

2013年11月05日

[デロンギ ミニコンベクションオーブン]を買ってみた。







大切に・・、


大事に使っていました、


もうかなり前・・・約30年前のオーブン・トースターにお別れをして、


「デロンギ ミニコンベクションオーブン」というものを


買ってきました。


長いあいだ、お・つ・か・れ・さ・ま・・・。


でもね、私なんか、も、もっと・・・バキッ ! ドタッ ! !






さてさて(滝汗) 、 これで我が家の料理に「幅」ができるかな・・。


ちょいと楽しみです ♪ ♪ ♪ ハァハァ


さ、さて、何から作りましょうか・・・。ふっふっ・・ふっ














http://www.delonghi.co.jp/products/detail/id/380














http://www.youtube.com/watch?v=7r_uI11p2vc














http://kitchen.delonghi.co.jp/products/convectionoven/









 
 
 
 
  
タグ :料理


Posted by ひげ at 21:30Comments(2)料理

2013年06月23日

鰹恋しや、恋しやカツオ。












今夜の鰹は腹の部分で、青森の大蒜と四国の生姜を擦り、

刻み葱と大葉をそえて刺身醤油を垂らしたら・・・・も・・う・・・あ・・な・・・た・・・・。
バッタリ♪♪


 
   
 
 

 
 
 
  

 
 
 
 



何を隠そう、私は「カツオ」が大好物であります。キッパリ!!


ここは是非、強調させていただきたい。


強く主張させていただきたいのであります。






私の愛読する小説家の椎名誠氏もカツオ命と聞き及びます。


http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167334093




私の若い頃はね、唯々普通に好きではありましたが、


いまはもうねっ、カツオの季節になると


もう落ち着きが無くなって仕事も手につかないど、


字を間違えてしまうほど、大好物なのですョ。


ちなみに、過去のこのブログでもし文字が間違っていたとしたら、


こいつは失敬にも、なんかうんまいモノを喰いやがったな・・・と、


思っていただいてまつぃがえありまへん。うん






それはもう、私の最上級の賞賛として語り継がれている(はず)、


こいつは「犯罪を犯したくなるほど美味しい!!」という、


それに値するくらい申し訳ないほどヤバイ好物なのれす。





以上、終わり・・・で・・・す・・。








 
 
 
 
 
  


Posted by ひげ at 19:57Comments(0)料理

2013年06月09日

「ポキ」は美味しい!!






気温の上がってくるこの季節になると、


新鮮な魚を使った「ポキ」が食べたくなります。






最近、近所にできた大きなマーケット。


そこで仕入れた魚が切り身やサクにされた


その半端な部分が格安で売り出されます。


勿論、その量は微々たるものですが、


何種類も入っているのがとても嬉しい。笑



今回はマグロにイナダ、イカにサーモンなど。


時にはタコなども入れちゃいます。





この簡単料理のポイントは胡麻油と大葉の量。


そして甘いタマネギ。


塩胡椒と出汁醤油を少々。


これを混ぜるだけの料理とも言えない程度の手間。


それを冷蔵庫で冷やしてから頂きます♪♪


これからの梅雨の鬱陶しい季節に


胡麻油の効いた爽やかな味っ、


簡単ですから是非トライしてみてくださいね。










「ポキ」を盛るための器も毎回変えて・・・。笑














ほ、ほら、美味しそうでしょ♪♪















野菜も健康にためにたっぷりと頂きます。

 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
  


Posted by ひげ at 07:43Comments(0)料理

2012年02月28日

「地産地消」







このところの僕のブログ、


別に「夕食シリーズ」を


意識しているわけではありません。笑




でも、毎夕の料理を、


その日の自宅近くのお店の品揃え眺めながら


幾つかを仕入れて少しだけ手間をかける・・。


それは、それで、


食味だけでなく、


或る種の充実感と、


ちょっとした満足感を味わうことができます。






そうそう、先日の日曜日、


「みなとみらい農家朝市」で仕入れた野菜たち

http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/nousan/tisantisyo/kau/nouka-asaichi.html


地産地消が、そこに住む人の体に良いという云われはさておきまして、


取れたての新鮮な野菜をそのまま身体に取り入れるこの喜び。


そんな日々は決して身体に悪いはずはないですよね・・・。












横濱で育った左ブロッコリー、上カリフラワー、そして右は「プチベール」。

http://fujihige.dyndns.org/2012NEW/20120228_001.jpg















「約二分の茹で」を推奨している「プチベール」は、
芽キャベツとケールの交配により生まれた新野菜。
仏語で「小さな緑」を意味する栄養価の高い野菜です。

http://fujihige.dyndns.org/2012NEW/20120228_002.jpg















同じく横濱産のルッコラとアイスプラント(左)。
アイスプラントは口どけの塩味が特徴で
沢山の栄養素を含んだアフリカ原産の野菜です。

http://fujihige.dyndns.org/2012NEW/20120228_003.jpg















きっと新鮮な野菜は身体をリフレッシュしてくれるでしょう♪♪
明日の朝の分も取り分けておきますね。

http://fujihige.dyndns.org/2012NEW/20120228_004.jpg





 
 


◆「プチベール」
http://www.masudaseed.com/what-putitvert.html




◆「アイスプラント」
http://www.gndrive.com/iceplant/iceplant5456.html












いつものことですが、


メインディッシュは今夜もアップしてません。爆











 
 
  
 
 
  


Posted by ひげ at 22:12Comments(0)料理

2012年02月27日

今夜のおかず。







今夜もちょっとした手料理を



帰宅後の時間で作ってみました。



野菜を冷たい水にさらしながら



インゲンの胡麻和えと



昨晩からコトコトと煮ていた里芋と豚の角煮。



粗食と呼ぶよりは酒のツマミ・・・かな。笑



料理を楽しみ、



その楽しみを味わう。



さて、明日は何を作りましょうか・・・。










インゲンの胡麻和え。食感を残した茹で方がポイントです♪

http://fujihige.dyndns.org/2012NEW/20120227_000.jpg















彩りのサラダ。今夜は気分でシザードレッシング・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2012NEW/20120227_001.jpg















八角と鷹の爪が隠し味の豚の角煮♪
豚は脂身が適度に入ると舌の上で良い仕事を・・。笑
器はオープンカー仲間の金さんの手によるものです。

http://fujihige.dyndns.org/2012NEW/20120227_002.jpg














今日は帰りしなに内田樹氏の文庫を三冊手に入れました。


これで内田氏の本は七冊・・・かな。


頭の良い人は、


僕のような者が日頃「喉に引っかかっている事柄」を


いとも簡単に、わかりやすく解説してくれます。


そんなお話は後日、改めてご紹介させて頂きますね。


 









http://fujihige.dyndns.org/2012NEW/20120227_003.jpg






  
 
 






 
 
  


Posted by ひげ at 21:27Comments(0)料理

2012年02月25日

雨の休日の昼には・・









春は近いとはいえまだまだ寒い休日の昼食。



料理好きな私が良く作るのは「タジン鍋」です。


タジンは食材の水分で食材自身が蒸されるので


あまり余分な用意はいりません。


ただ、お好みの食材を切り、


鍋底に盛ってゆくだけ。



コツは水分の多い野菜を下に(たとえばタマネギとかモヤシ)


そしてお肉や味の濃いものは上に、


もし調味料を使うのならば最後に上から・・・。


そして「相性」の良い食材を


想像力を働かせて揃えます。笑





「タジン鍋」は電子レンジ用やコンロ用、


そして両方に使えるものがありますが、


基本はとてもシンプルで汚れ物も少なく、


手軽な料理でとても重宝しております。





さて、今夜用にカレーを仕込んで


余った食材でちょっと作った今日のタジンは


大きめな完熟トマトを上から半分まで切り目を入れて


あとは下に好みの食材を盛っただけ。





今回はオリーブオイルを鍋底に薄く引き


玉葱・三種のパブリカ・ミニアスパラと


シャウエッセン・ソーセージ、


そして軽く塩胡椒して


トマトケチャップにオレガノを振りかけて


タジン鍋と蓋を隙間をなるべく無くすようにして、


あとは電子レンジで8分強程度。


それだけでバランスのとれた一品が出来上がりです。





テーブルに鍋敷きを置き、


その上にタジン鍋をのせて


あとは蓋をとると・・・じゅる。笑





冷蔵庫にある食材を組み合わせて


二人分や一人前、


その時々の状況にあわせ簡単に


手間いらずなタジン鍋。





今回は大きめな完熟丸ごとトマト鍋でしたが、


いろいろとトライしてみてください。


タジン鍋はスーパーなどで1500円ほどから購入できますし、


ネットではいろいろな料理方法も見ることができますょ♪












http://fujihige.dyndns.org/2012NEW/20120225_001.jpg
















http://fujihige.dyndns.org/2012NEW/20120225_002.jpg











さて、そろそろ煮込んだ特製カリーが


部屋に良い匂いを漂わせだしました・・・。笑








 
 
 
  


Posted by ひげ at 12:03Comments(0)料理

2011年05月03日

『だし巻き卵』







ちょっと一品欲しいな・・と思ったり、

お酒の「肴」としても・・・。笑

そんなときにはお気に入りの「だし巻き卵」をよく作ります。


先日からお気に入りの「平本養鶏所」の生みたて卵、

勿論、『玉子かけ御飯』も大好きです。

http://fujihige11.hama1.jp/e897416.html



生みたて卵を三個使ってちょいちょいと作れば、

ほらほら・・・。

ほんのりとした出汁にほのかな甘さが・・・。笑












http://fujihige.dyndns.org/2011NEW/20110503_001.jpg











もうひとつのお気に入りは「ポキ」。

これも手間やお金がかかりません。

これからの季節、冷蔵庫で冷やしたマグロのポキは、

冷えた白ワインと共にささやかなお愉しみなのです。











http://fujihige.dyndns.org/2011NEW/20110503_002.jpg



 
 











と、いうことで「若鶏手羽先と牛蒡の甘辛煮」も作ってみました。

ゆっくりと火を通したお肉はピリ辛で甘い味がしみて、

とっても柔らかです。笑












 
 
 
 
  


Posted by ひげ at 08:28Comments(0)料理

2009年11月13日

相性







今夜の横濱は雨。

時雨模様の冬に向かう空からの落し物。



本来なら今夜は冷え込みを受けて

冬の雨の「湯豆腐」・・と、ゆきたいところですが、

帰宅途中にいつもの食材を仕入れるお店で

思いがけず新鮮な穴子を二本、手に入れることができました。


帰宅後、早々に熱湯に通して

牛蒡を適度な大きさに切り灰汁を抜いて、

昆布を出汁にして、酒・醤油・味醂でに浸して

『超弱火』での「キュイジーヌ・コンテンポレーヌ」。

お気に入りの器に「絹さや」と一緒に盛り付け、

粉山椒を軽く振付けたら貴方・・・むふっ、

これは「こんにゃろぉ♪」と

唸ってしまう味に仕上がっておりした。笑



この素材に優しい『弱火』による調理、

ひげ的に解釈するならば、

信じられなく「柔らか」に、素材の良さを引き立てる

こだわりの料理の手法だと思って日々精進しております。


そうそう、それぞれの「火」を通すタイミングは、

すべて「食べる瞬間に合わせて」逆算して

料理を始めます。


別に、そこまで拘らなくても良いのでしょうが、

良いと聞いたこと、美味しいと読んだこと、

素晴らしいと耳に入ったこと・・・、

そのすべてを自分で出来ることは試してみることは、

ひとつの勉強でもあるのかもしれない・・・と。笑


でもね、実は、数度作っても同じ味にはならない・・・、

それはプロとアマチュアとの差なのでしょうね。汗



それはさて、脇に置きまして、

火を止めた翌日、

冷めた煮穴子を口に入れた瞬間に味わう美味さは、

次の料理への期待と希望が湧きあがるほど「美味いっ!!」。笑

そして、そんな気持ちを、

いつも抑えることができない「好奇心」がここにいるのです。


すべてはまず、

素材の鮮度とその育ちの経緯、

その「素材本来の味」を、

そっと控えめに引き立てる料理手法であり、

味付けであるということは、

料理以外のことにも云えるのではないかと・・・。

ひっく



さて、明日の「煮穴子」が愉しみですねぇ・・・。笑








http://fujihige.dyndns.org/2009NEW/ANAGO_001.jpg
  


Posted by ひげ at 22:15Comments(2)料理