2010年09月19日

那須の夢、『夢屋』。






昨年以来の那須『夢屋』。

150年前の古民家を奥会津南郷村から移築したその建物は、

今回、オープンカー仲間のBBQ会場となった「那須ビレッジ」から

クルマで五分・・・い、いや三分ほどの近所にあり、

カフェでは、有機栽培・無農薬の食材をもとに調理された

美味しく頂くことの出来る場所です。


今回は二度目ということもあり、

ついついカウンターでマスターと長時間、

お話が弾んでしまいました。笑


このお店は昨年もブログ「『那須の余韻』その二」に書かせていただいておりますので、

まずこちらからご覧くださいませ。

現在、猫の「田中さん」はどこかに行ってしまったらしい・・・。ぁぁ

http://fujihige11.hama1.jp/e123756.html




 
 
 






カウンターに座り、見上げれぱ150年の歴史を刻んだ「梁」が語りかけてきます。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/D20100905_1.jpg
















空は、あくまでも深い蒼で夏の終わりを告げている。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/D20100905_2.jpg
















「夢屋」さんの駐車場は数台だけのスペースです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/D20100905_3.jpg
















この日はまだ、「夏の気配」が残る午後でした。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/D20100905_4.jpg
















無農薬・有機栽培の土地の野菜の冷たいスープがとても喉越しに良く有り難い。
ひげはこれをツマミにお酒が呑めます(すいません不謹慎で・・汗)。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/D20100905_5.jpg
















有機野菜たっぷりのガレット。すいません名前を聞いたのですが、
あまりの美味しさに興奮で忘れてしまいますた。滝汗

食用の「オクラの花」をはじめて頂きました♪♪

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/D20100905_6.jpg
















インド風チキンカレーは安定した美味しさで、期待を裏切りません。
五穀米とのバランスも素晴らしく美味しいっ!!

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/D20100905_7.jpg


















実は、ここに行くには右手に広い牧草地や
沢山の地元のお墓を抜けて行きます(失礼致します)。

それだけでなく、かなりのゴロタ石が道にあるので
車高の低いクルマは大変気をつけなければなりません(特に注意です)。

どうぞ、迷わず行ってみてくださいませ。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/D20100905_8.jpg













那須『夢屋』
http://www.nasuyume.com/






  
タグ :夢屋那須


Posted by ひげ at 16:28Comments(0)那須

2010年09月18日

那須、創作蕎麦『石心』。






昔住んでいた赤坂リキアパート並びの某マンションの最上階。

隣の部屋には、あみんの岡村孝子さんも住んでいました。

そして歩いて数分のTBS近くの事務所の正面に

蕎麦処である室町「砂場」があり、

毎昼、蕎麦を手繰っていました。


勿論、いまも毎朝。

安いけれど、とても「うめぇ!」場所で、

蕎麦を必ず「手繰って」から仕事に向かいます。


蕎麦の効能として高血圧にも効果ありと

最近聞きました。




さて、今回の那須でのお愉しみの創作蕎麦『石心』。

こちらも昨年から、気になっていたお店ですが、

今回「大人の隠れ家倶楽部」のオーナーにも勧められたので

ワクワクしながら訪ねてまいりました。



噂では、こちらの女将さんが名物・・とのこと、

いえいえ、お蕎麦もしっかりとした喉越しで、

ひげはとっても幸せな気分で舌鼓っ♪♪




帰り際に、私と女将の掛け合いの会話で、

お店中に響くほどの愉しい笑い声がとても良い印象を残して

この蕎麦はまた次回も是非食べたいと思いながら帰路につきました。


このお店のお蕎麦はファンも多く、

週末以外でも開店前にはもう待ちが入ります。

よって開店前に「番号札」をもらって開店を待つのが賢明です。

尚、札の「四番」は欠番です。




ここを訪ねたときに、

細いジャリ道を低速で走るよう指示の看板が幾つかありました。

今年は暑い夏で雨も少ないのでとても砂埃がすごかった・・・。

とくにオープンにしていたので超低速でお店を目指しました。




さて、ここに幾つかの画像をご紹介させていただきますが、

ここのお蕎麦は気高い創作力あるお蕎麦で

純粋に蕎麦に拘りすぎるよりも、

蕎麦と器と環境の「景色」を包括して味わうことのできる

この隠れ家のようなお店。


ひげがこのブログをご覧頂いておられる皆様に

お勧めできるお店でございます。











まるで神社の境内のような気の流れる「石心」のお店の景色。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_1.jpg

















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_2.jpg














緑濃い季節、入り口は木々の枝や葉が繁茂している中をくぐります。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_3.jpg














京都にみられるお店ともひとつ違う、冴え冴えとした空気感のある玄関です。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_4.jpg















ひげたちのもらった札は二番です。














札の裏には気分良く頂くための配慮ある説明が書かれています。














さて、開店でございます♪♪

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_7.jpg














「景色」を取り入れた店内は「小学生以下のお子さまはお断り」になっています。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_8.jpg














店内に薄く響く「水琴窟」の音(ね)は、マイクを通して店内に流しているものです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_9.jpg














「那須の白雪そば」は辛味ダイコンの利いた美味しい一品。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_10.jpg














もう一品は「天ぷらもりそば」。喉越しの良い美味しい蕎麦があくまでも主なのです。

そして蕎麦湯が素晴らしく美味しかった♪♪

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_11.jpg














窓外の緑は少しずつ秋の気配。奥は小さなゴルフ場です。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_12.jpg














「白雪とうふ」は上質の牛乳で作られていて
上に乗っているクリームはウコッケイの玉子にチーズ、
そして生クリームで作られているそうです。

濃くさっぱりとした味はレアチーズケーキのように美味しい。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_13.jpg














少しずつ秋は那須高原に近づいております。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_14.jpg















また是非訪れることを希望して、横浜を目指しました。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/C20100905_15.jpg














  


Posted by ひげ at 21:58Comments(2)那須

2010年09月18日

那須「草花宿」。







那須での夕食。

今回は「大人の隠れ家倶楽部」で紹介しているお店のひとつ、

『草花宿』という野草や薬草を基本としたお店に初めて訪れました。


この「草花宿」のHPで書かれているのは・・・

-----------------------------------------------

昔の人たちが日常的に食べてきた

日本の野草や薬草(ハーブ)。


地元のお百姓さんが

丹精込めてつくった野菜を使った料理は、

素朴ながら私たち日本人の体に

優しく素直に馴染む味ではないかと思っています。


山と高原に育つ四季折々の滋養と味を

楽しんでいただきたいと思います。

-----------------------------------------------

と、ありました。


日頃なかなか身体のことを思いながらも

気遣うことのできない生活。

そんな「身体と心」に効能を求めてみました。




那須『草花宿』
http://www.nasu-web.or.jp/~soukajuk/














夕闇の迫る「草花宿」。

「大人の隠れ家倶楽部」のオーナーに紹介して頂き、

送迎もして頂きました。嬉













室内の雰囲気は夕暮れの外からは想像もつかない温もりある場所でした。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/B20100905_2.jpg















「草花宿」の周りには何もないので夜は「漆黒」となります。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/B20100905_3.jpg
















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/B20100905_4.jpg
















ひげは「がまずみ」の食前酒です。

「がまずみ」は天然のクエン酸やリンゴ酸を豊富に含み、
血圧降下、咳を鎮めるなどの効能があるそうな・・。














「茗荷のかき揚」「すべりひゆ」「朝採り茄子のうま煮」。
それぞれ素朴でお味抜群っ!!

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/B20100905_6.jpg
















黄色いかぼちゃの陶器に入った・・・、・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/B20100905_7.jpg
















・・・ではなくて、なんと「プッチーニの蒸し物」です。笑

器に使われているプッチーニはお百姓さんが丹精込めて栽培しているもので、
ヘタ以外は全て食べられます!!

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/B20100905_8.jpg
















この季節感溢れるホクホクの美味しさと柔らかさは感激ものでした。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/B20100905_9.jpg
















そして「天然山女の竹皮包み蒸し」。

身体の力が抜けてしまうほど美味しい!!
内臓部分にはホクホクの「おこわ」が入っています。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/B20100905_10.jpg
















「地鶏つくねと高原野菜の山椒煮」。

山椒の香りと塩味の利いたとても美味しい一品です。
山椒好きのひげとしてはもうニヤニヤしっぱなし・・・。爆

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/B20100905_11.jpg































そして「高原野菜の牛乳鍋」。

この牛乳は、なんと「夏那須2010二次会」で
ひげが作った「カルーアミルク」のベースとなったコクのある牛乳でした!!

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/B20100905_13.jpg


「森林ノ牧場」のミルク
http://www.shinrinno.jp/contents/milk/



























良い環境で澄んだ空気を胸いっぱいに吸いながら、


愉しい会話と美味しい食事。


それは、「心と身体」に染み入るように吸収されて、


明日の「力と糧」になってくれる。




日頃の過酷で理不尽な仕事に痛めつけられている「心と身体」。


那須への小さな旅は、そんな自分への


「御褒美」だったのかもしれません。
















  
  
タグ :草花宿那須


Posted by ひげ at 09:01Comments(2)那須

2010年09月16日

『那須ステンドグラス美術館』にて









オープンカーで訪ねる『那須ステンドグラス美術館』。


http://stainedglass-museum.com/nasu/exhibit/index.html



英国の田園風景に点在する石造りの建物。

小さな川に掛かる橋も英国では古来石造りでした。

紅茶やスコーンなどを頂きつつ、

那須ではるか彼方の英国へトリップ・・・。


館内は残念ながら撮影禁止でしたが、

丁度、入館したときにオルガンの演奏が始まりました。

みんな雰囲気のある演奏が素晴らしかったですが、

最後のカノン、とても良かったです。





そういえば、来月訪れる軽井沢のミス・アナベラも

英国の香り漂うお店でした。

いまから愉しみです。

http://fujihige11.hama1.jp/e71070.html

http://fujihige11.hama1.jp/c12688.html






さて、これからの空気の冷えてくる秋。

時に英国の香りを味わいに行ってみるのもよいかもしれません。

幾つかの『那須ステンドグラス美術館』の外景をご一緒に・・。


 







 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_1.jpg 















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_2.jpg 















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_3.jpg 















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_4.jpg 
















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_5.jpg 















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_6.jpg 















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_7.jpg 
















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_8.jpg 















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_9.jpg 
















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_10.jpg 















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_11.jpg 















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_12.jpg 
















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_13.jpg 















 
http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_14.jpg 















カブリオレの幌上に葉をつけたドングリの実が・・・。
「秋」・・・ですね。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/A20100905_15.jpg 























  
 
 
  


Posted by ひげ at 19:55Comments(0)那須

2010年09月12日

那須高原『大人の隠れ家倶楽部』。









何年か前に他界した、ひげの父親の故郷でもある栃木、

今回の那須でのオープンカーでのBBQ・お遊びに際して

いろいろと調べさせて頂きますと、

嬉しいことに那須高原には静かに味わえる

大人の遊び場を幾つか見つけることができました。



振り返れば、以前の若い頃のように

物量に頼んで遊ぶのも愉しかったですが、

いま、齢を少しだけ重ねてみて、

静かに自分の歩幅や鼓動に耳を傾けると

自身の気持ちに素直に「シンクロ」するような・・・、

そんな落着いて愉しめる場所を最近求めている自分が居りました。


そして、ありがたいことに今回訪れた那須高原には、

幾つもの「穏やかで静かな場所」が密やかに・・、

そんな私をそっと待っていてくれたのです。






今回のオープンカー乗りたちの集まり。

それはとても格別で底抜けに垣根なく愉しむことができましたが、

あえて格好をつけさせてもらいますと、

もう一泊して自分自身を見つめることの出来る那須を味わいたいと

「もう一人の自分」の希望で、

昨年から幾つかの「とっておき」の場所を探しておりました。



今回、縁あって滞在型コンドミニアム『大人の隠れ家倶楽部』を訪れて、

南に去ってゆく夏を自然に包まれ、

穏やかな時間を深く味わうことができました。

そう、この「格別な大人の隠れ家」で・・。







『大人の隠れ家倶楽部』オフシャルページ
http://otonano-kakurega.com/











那須高原の北側の膨大な自然の中に「大人の隠れ家倶楽部」はあります。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_1.jpg















入り口のスロープをゆっくりと上ると、

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_2.jpg















そこはクヌギやコナラの林の中に静かに建つ、

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_3.jpg















那須高原『大人の隠れ家倶楽部』が静かに迎えてくれたのです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_4.jpg















クルマのエンジンを止めて、まず驚くのはその静けさ・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_5.jpg















ビーカブもそっと「静寂」に身をまかせて佇んでいます・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_6.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_7.jpg















ここは 『一日2組』限定のプライベートを大切にしてくれる隠れ家で、

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_8.jpg















那須高原で一番のゆとりある広さの部屋がそっと迎えてくれます。
幸いに当日、私たちは一組だけでしたので貸切となりました。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_9.jpg















ここはベッド・アンド・ブレックファスト(Bed and Breakfast)スタイルなので、

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_10.jpg















自分たちで拘りの食材を持ち寄りディナーを調理することもでき、

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_11.jpg















倶楽部お勧めの驚くような美味しいお店にも無料送迎してもらえる・・。
(その画像レポートは後日に・・・笑)

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_12.jpg















私はまず部屋に上がり、自然光の中で・・・、

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_13.jpg















「御用邸」という途中で購入してきた日本酒を
「大人の隠れ家倶楽部」の書棚から選んだ雪舟の画本を眺めながら「一口」。笑

そう、この宿ある広大な敷地は、なんと那須の御用邸に隣接しているのです。
静かで治安が良いはずですね。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_14.jpg















その広さは16帖もあるリビングだけでなく八畳の綺麗な和室や、

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_15.jpg















手足を伸ばせる広々とした浴室まであるのです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_16.jpg















湯上りの「粋」な提案に誘われて、

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_17.jpg















素朴なサイダーを一口飲み「ホッ♪」っと・・(¥160の至福)。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_18.jpg
















広いリビングには直径10センチ少しの小さな時計がひとつ・・・。
この敷地の中では時間を気にしないで・・という、
ひげには有り難い配慮でもあります。






























寝室も含めて、全ての部屋から周りの木々が眺められる。
そして何よりも広いスペースでの
静かで穏やかなプライベートな時間がとても有り難い。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_19.jpg















二階の部屋窓からは「午後の木漏れ日を浴びるカブリオレ」。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_20.jpg















見つけました(笑)、この可愛い子の名はモンロー。
実はここは猫の宿としても有名なのです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_21.jpg















宿の周辺はこんなにも静かな木々に覆われていて、

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_22.jpg















夜は「漆黒の闇と静寂」に包まれるのです。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_23.jpg















木漏れ日を浴びるヒカゲチョウ。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_24.jpg















そのすぐ隣の木にはコクワガタが数匹・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_25.jpg















そんな自然に包まれての静かな時間のために
リビングには読書の用意もされています。
これはひげにはとっても有り難い。
次回は数冊、持参させていただくことに致します。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_26.jpg















そして寝室の裏の小川にはイワナが四・五匹・・・。
この小川は御用邸の敷地から流れてきます。
明け方にはこの上の木からフクロウの声も聞こえてきました。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_27.jpg















いま、飛び立つ瞬間の「アキアカネ」。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_31.jpg















キョキョキョキョ・・と鳴く「ヤマアカガエル」と思われる個体が沢山遊んでました。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_33.jpg















学名:Lethe marginalis 和名:ジャノメチョウ科「クロヒカゲモドキ」

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_34.jpg















二匹いる内猫ちゃんのうちのオメメがパッチリのチョコちゃん・・・、
いやいや、失礼致しましたクッキーちゃんです。

どちらもお猫さんというよりは、
この「大人の隠れ家倶楽部」のスタッフ兼ご家族のように、とても落着いて、
ひげたちを迎え、
そして寄り添ってくださいましたね。
今度はお腹を撫でさせてねぇ・・・。爆

http://otonano-kakurega.com/community/choko/indexnekoyado.html














外猫ちゃんたちはモンローを含めて七匹。
お車での出入りには十分ご注意・ご配慮くださいませ。
特に好奇心旺盛な若い猫ちゃん、クルマの下で遊んでいることも多いので、
必ず誘導してあげましょう。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100906_29.jpg















さて、朝食の時間となりました。
朝は美しく並べられたこだわりの食材で胃も心も健康にいただけます。















安愚楽牧場の腸詰に瑞々しいフレッシュな無農薬野菜。
季節感溢れる手作りスープなどなど・・。
あ、パンも美味しかった♪♪

この後の昼食のお店の相談をしながら長い時間話し込んでしまいました。笑
















そして、朝食後は柔らかい光の時間帯に「朝の散歩」です。
季節が巡ればカタクリの群生も観ることができるそうです。

















チェックアウトまで、ある程度時間があるので、
余裕ある時間がここでも味わえます・・。嬉




















さて、退出の時間がそろそろ・・・、
ふと、見上げた窓からは、切り取られた「去り往く夏」。
那須高原・・作です。


















普段、なかなか求めていても得ることの難しい「くつろぎの時間」。
この「大人の隠れ家倶楽部」ではその「穏やかで静かな時間」が約束されていました。









ここはあえて喩えるならば「白いカンヴァス(画布)」のような場所。

自分たちでいろいろと「描き加える」ことも出来るし、

何も決めずに訪れて、この場所のその天候や気温、気分・体調などを観て

「何をするか」決めても良い・・・。


そして、今回のひげたちのように「何もしない」で自然の中に身を置いて

風や陽射し、静寂や読書を時間を忘れて「漂って」もよい・・。


そうそう、本当にイーゼルにカンヴァスを立てて

油絵の具を持っていってもよいですね・・・。

次回はクロッキーブックにパステルを持参しようかな・・・。笑





ここは、大人たちがいつの間にか

遠い昔に忘れ置いてきてしまった、

『心の隠れ家』のような・・・、

そんな場所へ誘ってくれるところだと思うのです。

そして、そういうことへの理解を持つ人達にとっては、

とてもとても有り難い隠れ家なのです。



























また次回、お邪魔したいと思っております♪♪


 
  
 
 
  
 
 
  


Posted by ひげ at 09:17Comments(0)那須

2010年09月10日

さらば夏の日の太陽。





さらば夏の日の太陽!

-------『夏那須2010』の想い出--------



君はこの夏とても明るく

そして怖いくらいに強かった。


九月の声を聞いても、

その包容力ある情熱と熱意で

私たちをドップリと抱きしめてくれましたね。

そう、夜も眠れないほど・・・熱く・・、い、いや、暑く。

そんな記録的なパワーを持った貴方のことは、

私たちは決して忘れません。


そう、今年第二回目をむかえた『夏那須2010』の

熱く濃い集まりと同様に・・・。

この今年の忘れ難い、深い思い出をありがとう!!




あ、さて、それにしても、あっと言う間に

お愉しみの「夏那須2010」は終わってしまいました・・。


前々から楽しみにして、

指折り数えて待っていた那須高原での「童心」に帰ったお愉しみ。

まるで夢でも観ていたようなお泊りのパーティーは、

幼い頃の「愉しい遠足」のように、

終わってしまいましたが、

でもここに、

その熱き味わいを幾つかの画像をもって再現したいと思います。









 
 





会場である「那須ビレッジ」に向かうシーンは、
皆同様の「笑顔」に溢れている!!

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_0.jpg
 














会場の「那須ビレッジ」には幹事さんのシバタク号をはじめ・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_1.jpg















お酒と食材の「気配」に・・・まず、
あおい号と・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_2.jpg













某遠藤号など・・・一台、また一台と集まってまいります・・・。笑

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_3.jpg













「お約束・・」の某遠藤氏のエリにキメてみました。
移動式のビール販売車両・・・。爆

某遠藤氏の和みキャラが今回のお楽しみだけでなく、
「秋軽」をはじめとした各所でのオフ会の
ブローオフバルブの役割を担ってくださっているのは
モチ、皆さんのご承知の事実であります。

この機会に、「どうもごくろーさん!!」、
あ、違いました。
「どうもありがとございます。」深々

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_4.jpg

















続々と集まる・・集まる・・・集まる・・・。
そう、BBQの「匂い」を目指して・・。爆

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_5.jpg

















こだわりのクルマたち・・・。

でも今回、オーナーたちは美味しいBBQと嬉しいお酒、
そして尽きぬ「どーでもヨイ」話題に吸い寄せられて
クルマは駐車場でヒッソリと・・。笑

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_6.jpg

















今年もシバタク幹事さんのご手配で
「肉」は、栃木和牛やら何やら、
兎に角、トロトロホロホロに美味しいから、
皆んな「申し訳けない申し訳ない」と言いながら
黙々と・・い、いや、大騒ぎして食べちゃいましたょ。笑

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_7.jpg

















ひげが作っているのは、いわゆる「焼き鳥」ですが、
これ、BBQでは一串でいろいろバランスのとれた
とても食べやすい一品です!!

葱好きの某ボクスター氏の為に、
仕入れたての葱ですぉ♪♪
隠し味として「菊水」を霧吹きで焼くときにふり掛けてますから。笑
ほかにはシシトウやシイタケ、サツマイモなどを串にさしました♪♪

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_8.jpg

















どうです。イイ男たちでしょう。
オープンカー乗りはイイ男が多いのです。
勿論、イイ女たちも!!
あまりにイイ男っぷりなのでツラだしちゃいましたが、
問題ある人はひげのでメールください。
「俺はもっとイイ男だぞ・・」とか。笑

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_9.jpg
















さてさて、炭にイー感じに火も入りまして、
無事みなさん乾杯となりました。
少しずつ夕暮れになってまいりましたが、
この那須高原でも酷暑はしっかりと今年は残っていて、
乾杯のビールの、それはもう有り難いことこの上ないっ!!















さて、沢山ご参加の乾杯ですので
カメラをパンして何カットかそのシーンを撮影しましたが・・・、・・・。
実は左端のジェントルマンがフライング・・・。















その前のカットを見てみると・・・、・・・
あらっ・・目がイッて・・・。



で、でもね(汗)、
ひげも人のことは言えません、
焼き鳥仕込んでいる時には既に二合ほどを・・・、ちょいとクィ♪・・・。笑


まあ、硬いことは誰も言わないのがこの集まりの「イー加減」なところで、
O.P.E.N.な集まり『夏那須』は恐るべき個性に満ち溢れている・・・。

だって、来月の軽井沢の「秋軽スタッフ」が四人もこの中に・・・、・・・。がくがく







と、
某遠藤氏の「口調」で書いてみましたが
如何でしたでしょうか・・。笑














おおっと、いきなり始まってしまいましたね。笑















もう、なにがなんだか・・・。
焼いては呑み、呑んでは焼き、声もひときわ大きくなって・・・。















ワイワイガヤガヤ!!
もう誰が何を喋っているのは判別もつかない・・・。















まあ、年に一度ですから、これも良しと・・・。















次には花火大会!!
心霊写真ではありません。謎















「童心」に帰って、素朴に手元の花火をみつめて・・・、
皆、寡黙に・・・で、ではなく騒いでいました。笑















その後、那須ビレッジ内での二次会が深夜まで続く・・・・。
冷めた「月」が、我々のはるか高いところから
酔っ払いたちを見つめていました。
















外が明るくなりはじめた時刻の六時前に気持ち良い走りを目指す某氏。
早朝のオープンランは最高でしょうね。

そういえば明るくなり始めた五時位から
猟師の撃つ銃の音が響きだしましたね、
「ドーン・・・ボーン・・・」と。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/G20100905_1.jpg
















綺麗に並んだエリーゼ。
勿論、この時間「6:08am」、オーナーは爆睡中です。笑

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/G20100905_2.jpg
















車両により「露」の降り具合が違うのは何故でしょうか・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/G20100905_3.jpg















今回呑みペースの穏やかだった幹事さんのEOSにも朝露が・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/G20100905_4.jpg















うん、このT氏のエリの後姿、なかなかでございますね♪♪

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/G20100905_5.jpg
















静かな早朝のクルマたちの「佇まい」は粛々と・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/G20100905_6.jpg
















オーナーたちの寝相は「それぞれ」に・・・。笑

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/G20100905_7.jpg















さぁて、日も昇ってお別れの時間も「夏」のような快晴!!















いやぁ、昨晩は呑みましたなぁ。。
いえいえ貴方の方こそ・・などと言っている間に・・。
















もう、「さよなら」の時間となってしまいました。















隣の棟の方に記念撮影をお願いして、
さあ、愉しかった『夏那須2010』も解散です・・・。















・・・、・・・・っと・・・。

みなさん・・・帰ろうと・・しない・・・。爆















やっと、仕方なく・・・それぞれの帰路につきます。
後ろ髪を引かれる思いを胸に抱きながら・・・。

http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100905_25.jpg
 












今回、御一緒できた方たち、

本当にいろいろとお世話になりました。

それぞれの「愉しみと気心」を持ち寄り、

酷暑を残しながらも晴天に恵まれ、

各自が「童心」に帰って騒いだ「夏那須2010」でした。


愉しみの思い出はこれからずっと

私たちの記憶に残ります。

仕事で辛いとき、

悩みで眠れないとき、

そんなときにふっと思い出してください。

思い出して少しだけ笑ってみてください。

きっと、気分が「ほんのり」と穏やかに・・・。

良い思い出は心の栄養、

心だけでなく身体もリラックスに導いてくれます。



そして、またご一緒に、

そんな思い出を作りましょう。



ではそのときまで・・・。


















●「那須」で見つけた、プライベートなお楽しみにつづく。





 
  
  


Posted by ひげ at 07:05Comments(10)那須

2010年09月08日

去り往く夏への思いとして『夏那須2010』への憧憬。










それはもう、数日前の記憶。

そしていまだけでなく、

次回のこのお愉しみへと馳せる思い。



出口の無い猛暑と、

記録的な暑さも、

直接的であれ、間接的であれ、

私たちが自然へ与えているダメージが今、

自分たちの上に返ってきているのかな・・・。


この時代にクルマを愛で、

オープンカーの屋根を開けて流すとき、

このいまの自然の気象の何らかの異変を時に感じることがあります。




しかし一方でいつもと変らず、

標高の高い山頂を抜けるワインディングロードにステアリングをきる時、

高度を上げるに従い下がる気温と澄んだ空気感。

見上げた木々の枝先の葉色も秋を告げるかのように変化してゆく・・・。


少しずつ悪化してゆく自然には、

気づかないことが多いのではないでしょうか・・・。





さて、先週末はオープンカーを愛でる仲間たちと一緒の、

那須高原での一泊のBBQ。

今年も深く濃く、

そして心に響く時間を共有することができました。



まずはじめにそのイメージ画像を、

ご参加頂いた方たちと、

ゆっくりとした時間を愛する人達に

ご案内させていただきます。












http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_AKA00000.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_A.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_B.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_C.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_D.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_E.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_F.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_G.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_H.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_I.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_J.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_K.jpg















http://fujihige.dyndns.org/2010NEW/20100904_L.jpg








  


Posted by ひげ at 23:55Comments(0)那須

2009年09月05日

『那須の余韻』その五




仏語でエルミタージュとは直訳すると「隠れ家」。

夏那須の二日目は、そんなエルミタージュなコテージタイプの

「ホテルレジーナ那須」に宿泊となりました。


文章にするよりも画像を見て頂いた方が、

その雰囲気が伝わるかと思います。

なかなか寛げる素晴らしい場所でした。

ただひとつのことを除いて・・・。(謎)

Une expérience mystérieuse

















レジーナ那須へ到着です。











さて、荷物を降ろして・・と・・。
チェックイン/15:00~20:00、
チェックアウト/8:00~11:00は利用度が高いです。










コテージタイプの「各部屋」はそれぞれに離れて建っています。










それぞれの「部屋」へは木で組まれた橋が渡してあります。










雰囲気のあるアプローチに期待も膨らみます。笑











このコテージは左右で二軒のメゾネットタイプです。











振り返れば今歩いてきたフロントとレストランテの木道。











この画像で何か感じますか・・・。謎











奥にはレストラン。駐車場は複数あり、各コテージに近い場所をチョイスできます。












限りある時間、それを有効に活用するため・・・、
と、いうよりゆるい時間を気ままに過ごすようガイドを確認中っす。笑











オートロックの玄関を入ると左上にリビングと小和室、
右下にバス・トイレとなぜかツインのベッドルームが「ふたつ」。










明るく天井の高いリビングには32インチのBS-TVやら広々とした室内です。










リビングからベランダに出ると他のレジーナ・コテージたちが見えます。











こちらは階段右下を下りた場所から撮影。お風呂が見えます。











洗面所も広々で、使い勝手が良さそうです。











こちらは室内幅二メートルもある広い浴室。
ヒノキの香りがして窓を開けることができます。
また、温泉が引いてあるコテージもチョイスできます。










こちらのベッドルームは階段を下りて左側の部屋です。










こちらはその右側の部屋です。共に大きな鏡があります。











こちらは玄関・・・ですね。笑











ふたたびリビングです。ポットや電子レンジ、冷蔵庫があります。
部屋によっては自炊できる設備が揃っているコテージも選べます。











再び、ベランダから外の景色を・・、奥にはテニスコートが見えます。










ベランダから見た左側のコテージです。










リビング・・・は、自宅状態になりだしています・・・。汗











勿論、「夢屋」さんで購入したぐい呑みで早々に一杯やりました。笑
酒は栃木の地酒ではなく山形県杉勇蕨岡酒造場の「赤福助」、
黒磯駅前の酒屋のおばさんに相談して購入した一本です。むふふっ











窓から隣のコテージを・・・・。











そのコテージはこんな感じです。










同じコテージをバルコニーから眺めてみます。










さて、夕食の時間も迫ってまいりました。











夕食は隣接のレストラン「ポーミエ」へ出かけます。












とちぎ霜降り高原牛と那須山豚の食べ放題って、
ひげは前日BBQでお肉を食べ過ぎたのでお代わり一回でした。笑











そしてワインやビールが呑み放題でした。
白ワインにチーズが美味しかった・・。ひっく












けぶる夜の雨、ほろ酔いの千鳥足・・・。










そんな足取りにも常夜灯がやさしくフォローしてくれます。










それなりにとても素晴らしい施設でした。
こんな至れりつくせりのコテージが素泊まりで3000円代からって、
ちょっと安すぎますよね・・・。
ひげはここで不可思議な経験をしました。
ご宿泊を希望されるのは霊的に敏感でない人にはお勧めだと思います。








●『ホテルレジーナ那須』
http://nasu.regina-resorts.com/





 
  
  


Posted by ひげ at 17:04Comments(0)那須

2009年09月05日

『那須の余韻』その四






オープンカーで那須高原を訪ねる愉しみ、

それはお店だけでなく

お店からお店への移動の途中に

ゆっくりと景色を味わうことでもあります。



いまクルマの性能が格段に向上して

私たちは、より快適で高速に目的地まで

移動できるようになりました。

しかしその一方で、

「その移動中」に観えるはずの景色や

お店や町の空気感や土地の人達とのふれあいなどの

「発見性」を一気に省略してしまったのかもしれません。





性能・快適性の向上の利便性と、

屋根の開くオープンカーという

環境により近づけるという「その身近な空気感」。

道行く人たちの会話も聞こえてまいります。

そんな「ふたつ」を美味しく味わうということが

今回の「那須行き」のコンセプトでもありました。

その「スイッチ」を切り替える

タイミングを逃さないことを心がけて・・。









さてさて、お話を戻しまして、

夏那須の深い緑に包まれて、

屋根を開けて流していると、

鳥の声や澄んだ空気と景色に抱きしめられる・・・。

そんな大切な愉しみの時間、

移動中の幾つかのカットをお届けいたします。





 
 
 



http://fujihige.dyndns.org/2009NEW/20090831_000.jpg 
羽を休めるアキアカネの雌。オープンカーは自然にや・さ・し・い。










http://fujihige.dyndns.org/2009NEW/20090831_001.jpg 
ふと、目の前に開ける一本の道。 こういう景色、好きだなぁ。
 
 








http://fujihige.dyndns.org/2009NEW/20090831_003.jpg 
すれ違うクルマもほとんどなく・・、 
 
 
 
 
 




http://fujihige.dyndns.org/2009NEW/20090831_004.jpg 
頭の上にまで木々が張り出した道を流す。










http://fujihige.dyndns.org/2009NEW/20090831_005.jpg
やがて、ホテルレジーナ那須が見えてまいりました。










次は、コテージの画像を「その五」で・・・・。












  


Posted by ひげ at 07:51Comments(2)那須

2009年09月04日

『那須の余韻』その三




さて、何を隠そうひげは珈琲好きなのです。

ウンチクも知識もありませんが、

自分のライフスタイルやその日の気分に合わせた珈琲の香りは、

その「気分」を高めてくれます。

そんな機会を那須に際して、珈琲の美味しいお店を探しておりました。

結果、幾つかの中から那須 珈琲工房『Cafe Bocco』さんを訪ねてみました。

http://www.nasuweb.com/premium/cafebocco/cafebocco.html


シンプルに落着いた、それでいて素朴な雰囲気のお店で珈琲を頂き、

その日に解散した『夏那須オフ』を振り返りながら・・・、

いやいや、「今」を味わいながら・・・。むふっ♪

いやいやいやいや、二日酔いを・・・、・・・・。汗



愉しい時間を過ごせたのは、

お店の女性に「ビートルのオープン、素敵ですね・・。」と、

言われたからだけではないはず・・・。大爆



















 
 





















ここのクッキー「おいしい宝石」(250円)は、
珈琲の香りが形となって封じ込まれていて、
とても、とても美味しかった・・・。嬉












それから、こんなハンバーガー屋さんにも寄りました。

http://ameblo.jp/karin0321/entry-10242090865.html
























勿論、まだつづくぅぅぅ♪





  


Posted by ひげ at 21:21Comments(2)那須

2009年09月03日

『那須の余韻』その二




那須高原にはいろいろと、ワクワクするお店があります。

自由な時間に訪れたいお店をピックアップする楽しみ。

そう、既に計画の段階から「その旅」は始まっているのです。

勿論、ハズレも中りもあるのですが、

そういうこと全て含めて、旅の楽しみがあるのです。


今日は先日訪れたうちの一軒をご紹介させていただきます。




まずは『夢屋』さんです。

なにが気に入ったかと言いますと、

このお店の席に座っていると

なにやら玄関の網戸を開けようとしている方がいました・・・。

この方は「田中さん」と言うそうです。

性別は不明ですが、ちょっとばかり毛深い・・・、・・・。

そしてりっぱに尻尾もあります。ニヤリ


そんな「田中さん」は、ひげが気になるらしく、

暫し躊躇したのち「そーっ」と網戸を開けて

一目散にオーナーの厨房に駆け込みました。

まるで小学生が「ただいまぁーっ!」って言うがごとく・・。


夢屋のオーナー曰く、

「これでちゃんと網戸を閉めたら、化け猫だよねぇ・・・。」大爆


http://www.nasuyume.com/tibimaru02.htm



さてさて、こちらは古民家に手を入れた小物を売ったり、

お食事をとれる那須高原の一軒屋です。


ここへは道も狭く、迷いやすいだけでなく、

車高の低いクルマは沢山の墓石の広場に停めて

そこから歩かなければなりません。


でもでも、ここのカレー、

ひげは好きです!!



●那須『夢屋』、ここにはゆっくりとした時間が流れております。
http://www.nasuyume.com/index.html








道なき道、舗装は途切れたその先には大きな石も転がる更なる道が・・・。
http://fujihige.dyndns.org/2009NEW/0_7.jpg









そう、そこに古民家のカフェ「夢屋」がある。









妖しいご機嫌のひげです・・・。嗚呼









やっと到着。駐車場の仕切りは三台のみです。










150年前の古民家、1993年9月当時の夢屋のベースとなった家屋です。











早速、お店の中で寛ぐひげ。











地の食材で作った「野菜カレー」。ご飯は五穀米、これは美味しかった!! じゅる










こちらは「そば粉のガレット」。これもたまらなく美味しかった!!!











ひげは『夢屋』さんでぐい飲みを二つ購入しました。(撮影場所:ホテルレジーナ那須)











「お手洗い」は外側の縁側の端にあります。
そのすぐ脇を小川が流れて、雰囲気は抜群でございます。
尚、お手洗いは水洗ですが、小川サラサラ水洗ではございません。笑











お店の袋にも・・・・。笑











シンポルツリー・・・かな。























さてさて、次っ、次行ってみませぅ。










まだまだ、続きますょ・・・





 

  


Posted by ひげ at 21:06Comments(0)那須

2009年09月02日

『那須の余韻』その一




『夏那須BBQ』のために那須ICを降りて

まず石窯パン「NAOZO」に寄りました。


このパンは二次会にも出してみましたので

食べた方もいらっしゃるでしょう。


パンは軽くサクッとした系ではなくて、

しっかりとした重く湿度のある素朴な味わいのパンです。

味わい方は手を加えすぎない方が素朴に美味しいかと思います。


ここでIWANOFUさん宅に宅配を送るために

事前に土曜発送を電話で確認をしていたのですが、

土曜当日に行きましたら土日は宅配をやっていないと

言われてしまいました。汗


お店では最近、腸詰類も販売を始めており、

BBQで太めのチョリソーともう一品購入して炭で焼き皆で食べました。


このお店は地元では有名らしく購入時、ひっきりなしにお客さんが来ていました。


http://unmoka.at.webry.info/200907/article_4.html

http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=5899

http://bagel.cocolog-nifty.com/update/2009/08/post-1.html

http://r.tabelog.com/tochigi/A0905/A090501/9002708/






http://fujihige.dyndns.org/2009NEW/NAOZO_001.jpg







http://fujihige.dyndns.org/2009NEW/NAOZO_002.jpg







http://fujihige.dyndns.org/2009NEW/NAOZO_003.jpg
























つづく

 





  


Posted by ひげ at 21:38Comments(2)那須